印刷

更新日:2022年5月11日

ここから本文です。

競争試験

競争試験は、筆記試験や個別面接などの合計点によって、合格者の選抜を行うものです。

競争試験の日程や応募要件は、毎年概ね5月中旬に人事委員会が公表します。

競争試験の職種は、「警察官」と「一般職員」があり、それぞれ一部の試験区分には、「専門試験」や「実技」などを課すもの(特別採用)があります。

警察官の職務内容は、「個人の生命・身体・財産の保護」、「犯罪の予防、鎮圧及び捜査」、「公共の安全と秩序の維持」などです。

警察事務の職務内容は、「企画・立案」、「会計」、「福利厚生業務」などです。警察官と異なり、捜査はできませんが、警察官のパートナーとして、地域の安全を担っています。

職種 試験区分 内容など

警察官

警察官A 大学卒(又は卒業見込)
警察官B 大学卒(又は卒業見込)以外
特別

武道指導者(柔道・剣道)

大学卒(又は卒業見込)で、武道実技有
情報技術 大学卒(又は卒業見込)で、情報処理の専門試験有
一般職員 上級警察事務 採用時22歳以上(学歴不問)
初級警察事務 採用時21歳以下(学歴不問)
警察事務(障害者) 採用時35歳以下(学歴不問)で、障害者手帳などの所持必要
特別 少年警察補導員

少年相談、被害少年の保護、街頭補導の業務など
採用時22歳以上で、学歴(心理学、教育学又は社会学を専修する学科)又は資格(教職員免許法による普通免許状)必要

現在の募集状況

令和4年度の採用試験の情報を公開しています。

資格加点

警察官の試験では、受験者が既に取得している資格を換算し、最高10点加点されます。対象の資格は、受験案内を確認してください。

武道 剣道、柔道、空手道
語学 英語、中国語、韓国語、ロシア語、ポルトガル語、スペイン語、ベトナム語
情報処理 情報処理技術者

 

採用試験の流れ

内容 第1回 第2回 参考
受験申込

5月中旬

~6月中旬

7月下旬

~8月中旬

第1回(A・武道・情報技術)/第2回(A・B)

※第1回と第2回は併願できます。

受験票送付 6月 8月  

第一次試験

(筆記)

7月上旬 9月中旬

教養(択一)

作文

合格発表(筆記) 7月下旬 10月上旬  

第二次試験

(体力・身体・適性)

8月上旬 10月中旬

腕立て伏せ、上体起こし、反復横跳び、20mシャトルラン

体力試験時に資格加点の証明を点検します。

身体検査は、各自医療機関で受診してください。(自費)

合格発表

(体力・身体)

8月中旬 11月上旬  

第二次試験

(集団討論・個別面接)

8月下旬 11月上旬

同一日に個別面接が2回あります。

また、警察官Aは集団討論もあります。
合格発表(最終) 9月上旬 11月中下旬  
採用候補者名簿登載 同上 同上 就職希望を確認した上、内定通知を発行します。

第一次試験

  • 教養試験は書店で販売されている警察官採用試験問題集等を活用して勉強しましょう。
  • 作文は、自分の意見をまとめられるようにしておきましょう。

第二次試験(体力)

区分 腕立て伏せ 上体起こし 反復横跳び 20mシャトルラン 関節運動

男性

15回以上

30秒で

18回以上

20秒で

41回以上

32回以上 正常であること
女性 10回以上

30秒で

12回以上

20秒で

36回以上

19回以上
  • 上記は基準です。1つでも基準を超えられない場合は、不合格となります。
  • 体力試験は、基準以上までカウントしますので、できるだけ多く続けましょう。

お問い合わせ

所属課室:警察本部警務部警務課

〒 930-8570 富山市新総曲輪1-7

電話番号:0120-376-032

電話対応時間は、平日の午前8時30分から午後5時15分までとさせていただきます。