ホーム > 富山県警の紹介 > 職員採用 > 採用されてから

印刷

更新日:2022年1月14日

ここから本文です。

採用されてから

警察官になるまでの過程をイメージしてみましょう!

採用試験

大学

4年

7月~8月又は9月~11月

A区分(大学卒)は、年2回の受験チャンスがあります。

※第1回と第2回は、併願可能です。

採用内定者事前研修会 12月 入校に備えて、警察官の心構えなどを伝達します。
警察学校入校(初任科)

採用

1年目

4月 入寮し、集団生活を送りながら、基礎的な知識・体力・考え方を身に付けます。
交番・専務部門(職場実習) 10月 交番勤務や刑事課などで実習を受けます。
警察学校入校(初任補修科) 1月 再度警察学校に入校し、更に専門的な知識や技能を修得します。
交番・専務部門(実戦実習) 3月

交番で受け持ち区が決められます。

実務に即した職務執行力を身に付けます。

交番

採用2年目

6月 採用時教養が修了します。
専務部門

採用3年目

4月 交番で経験を積んだ後、希望や適性により、専務部門(刑事・交通・警備など)で勤務します。継続して、交番で勤務する者もいます。

上記はA区分(大学卒)の場合のシミュレーションです。

採用時教養

試験区分

初任科

(警察学校)

職場実習

(警察署)

初任補修科

(警察学校)

実戦実習

(警察署)

採用時教養

終了

A区分

(大学卒)

6か月 3か月 2か月 4か月 計15か月

B区分

(大学卒以外)

10か月 3か月 3か月 5か月 計21か月

警察官は、採用されてすぐに現場(交番や刑事など)で働き始めるわけではありません。

まずは、警察官としての基礎を身に付けるために、警察学校に入校します。

この教養は、A区分(大学卒)が15か月、B区分(大学卒以外)が21か月です。

この間、警察学校と警察署で、交互に研修を受けます。

警察学校・交番・専務部門の1日

 

お問い合わせ

所属課室:警察本部警務部警務課

〒 930-8570 富山市新総曲輪1-7

電話番号:0120-376-032

電話対応時間は、平日の午前8時30分から午後5時15分までとさせていただきます。