ホーム > 富山県警の紹介 > 警察一般 > 犯罪被害者支援 > 犯罪被害者等に対する支援・連絡制度

印刷

更新日:2022年1月31日

ここから本文です。

犯罪被害者等に対する支援・連絡制度

1.被害者支援員による支援

 警察では、殺人、強制わいせつ、傷害等の身体犯や、ひき逃げ事件、交通死亡事故など、発生直後に専門的な支援を必要とする事件・事故について、被害者支援員による支援を行います。

  • 主な支援活動

(1) 実況見分等への付添い

(2) 病院等の手配・付添い

(3) 相談等への対応

(4) 民間被害者支援団体等の紹介・引継ぎ

2.被害者連絡

 警察では、殺人や傷害、性犯罪などの身体犯の被害者、ひき逃げ事件や交通死亡事故などの重大な交通事故事件について、犯罪被害者等のうちご希望の方には、捜査等に支障のない範囲で、捜査状況等をお知らせします。

  • 主な連絡内容

(1) 刑事手続や犯罪被害者等のための制度

(2) 捜査状況

(3) 犯人の検挙状況

(4) 逮捕した犯人の処分状況(起訴・不起訴等)

(注)犯人が少年の場合や、犯罪の態様等により、

お知らせできる情報の範囲・内容が異なります。