印刷

更新日:2021年9月29日

ここから本文です。

カギかけ防犯コンテスト

富山県安全なまちづくり推進本部では、県民の防犯意識の向上と盗難被害の防止を目的として、平成21年度から「カギかけ防犯コンテスト」を開催しています。
このコンテストでは、参加した中学校・高校に駐輪されている通学用自転車の施錠率を調査し、優秀な成績を収めた学校を表彰しています。

キーレンジャー

令和3年度カギかけ防犯コンテスト

令和3年度カギかけ防犯コンテストは県内の中学校・高校から48校の参加を得て、開催しました。

昨年はコロナ禍のため開催を中止したことから、2年ぶりの開催となりました。

カギかけは防犯の第一歩!

「カギかけた?」「しっかりかけたよ!」

盗難被害から大切な財産を守るために、日頃から「カギかけ・声掛け・心掛け」を実践しましょう!

令和3年度カギかけ防犯コンテストの実施状況

中学校

  • 滑川市立滑川中学校

毎朝、交通安全委員の生徒(1~3年生、計31名)が教員と共に、生徒の登校が多い時間帯にカギかけの呼び掛けを行い、カギかけ意識の高揚と習慣付けを図っています。また、無施錠による盗難被害が多いことも呼び掛け、カギかけの重要性を訴えています。

  • 富山市立三成中学校

毎週火曜日と木曜日の朝、生活委員会の活動として、自転車の「鍵かけ点検」を行っています。各学年の自転車小屋で、自転車の鍵の取り忘れがあった場合は、委員が施錠した上で、自転車の持ち主の生徒に「次からは鍵の取り忘れがないように」と一声掛けて鍵を渡しています。

 

令和3年度カギかけ防犯コンテストの表彰

コンテスト開催期間中は、生徒会等によるカギかけの声掛け、施錠点検等の活動が展開されました。

今年度は開催期間中の施錠率が優秀であった、中学校32校、高校8校が優秀校に決定し(優秀校は関連ファイルのとおり)、表彰状と記念プレートが交付されました。

これからもみんなで声を掛け合い、カギかけ習慣の定着を目指しましょう!

カギかけ防犯コンテスト記念プレート

令和元年度カギかけ防犯コンテストの実施状況

中学校

  • 上市町立上市中学校
    上市町立上市中学校では、毎日、生活安全委員会所属の生徒が駐輪場のカギかけ施錠調査と駐輪場所の確認・整頓を行っています。また、カギがついたままの自転車があればカギを本人に渡し、注意しています。
  • 富山市立新庄中学校
    毎週火曜日と木曜日の朝に自転車置き場において、カギかけや整理を確実に行うように呼びかけています。また、各クラスでサイクル安全リーダーが「自転車のカギかけを忘れないでください。」「後から駐輪する人が止めやすいようにきちんと並べて駐輪して下さい。」と声かけを行っています。

高校

  • 富山県立水橋高等学校
    令和元年6月12日(水曜日)~6月18日(火曜日)の期間、自転車のカギかけの習慣化を図るため、自律委員の生徒と教員で自転車カギかけ運動を実施しています。生徒の登校時に駐輪場にて呼びかけを行い、昼休みに施錠点検を行っています。なお、朝の呼びかけは毎月実施しています。
  • 富山県立氷見高等学校
    カギかけ防犯コンテストの参加に伴い、生徒の登校時間に合わせ施錠の徹底を呼びかけています。
    月・水・金曜日に交通委員会の生徒3名と教師1名が駐輪場周辺に立ち、施錠を呼びかけています。また、昼休みには施錠チェックを行い、無施錠の生徒に対して施錠をするよう注意を促しています。
    さらに、昼休みの校内放送で交通委員長が施錠率を報告したり、美術部に作成を依頼したポスターを駐輪場、生徒玄関、校内の窓等に掲示したりするなどして、施錠や盗難防止の意識向上を図っています。

富山県立氷見高等学校のカギかけ促進活動の様子(R元)

富山県立氷見高等学校のカギかけ促進活動の様子1

富山県立氷見高等学校のカギかけ促進活動の様子2/富山県立氷見高等学校のカギかけ促進活動の様子3

令和元年度カギかけ防犯コンテスト表彰式

令和元年度カギかけ防犯コンテスト表彰式の様子

令和元年9月24日、「令和元年度カギかけ防犯コンテスト表彰式」が富山県庁4階大ホールで行われ、中学校36校、高校10校が受賞されました。受賞校を代表して、高校の部では富山県立富山いずみ高等学校、中学校の部では南砺市立吉江中学校に表彰状が授与されました。

関連ファイルのダウンロード