印刷

更新日:2022年5月16日

ここから本文です。

街頭犯罪対策

街頭犯罪とは

道路、公園、駐車場・駐輪場、駅その他の場所において発生する自転車盗などの乗り物盗、部品ねらい、車上ねらい、自動販売機ねらい、器物損壊などの犯罪をいいます。

富山県警察では、これら街頭犯罪のうち

  • 自動車盗
  • オートバイ盗
  • 自転車盗
  • 部品ねらい
  • 車上ねらい
  • 自動販売機ねらい
  • 器物損壊

を主要街頭犯罪に選定し、抑止と検挙に向けて全力を挙げています。

主要街頭犯罪発生状況[令和4年4月末]
  自動車盗 オートバイ盗 自転車盗 部品ねらい 車上ねらい 自動販売機ねらい 器物損壊
R4.4 2 5 73 4 25 6 72 187
前年同期 4 4 78 8 33 2 131 260
増減数 -2 1 -5 -4 -8 4 -59 -73

富山県内における無施錠被害の状況

無施錠被害多発中

無施錠被害とは、盗難被害のうち、

  • カギのかかっていない出入口や窓から侵入された
  • キーを付けたまま車やバイクを盗まれた
  • カギをかけずに自転車を盗まれた

などの被害を言います。

富山県内における無施錠被害率

富山県内で令和3年に発生した盗難被害のうち
住宅への侵入窃盗の83.0%
自転車盗の79.5%
車上ねらいの65.1%

「カギのかかっていないところから侵入された」
「カギを付けたままにしていて盗まれた」
「カギをかけずに盗まれた」
被害です。

普段からこまめに「カギをかける」「カギを抜く」といった心掛けがあなたの大切な財産を守ります。

12次のページ