ホーム > 富山県警の紹介 > 公安委員会 > 公安委員会の仕組み

印刷

更新日:2021年2月19日

ここから本文です。

公安委員会の仕組み

公安委員会制度

公安委員会制度は、県民の良識を代表する者が警察を管理することにより、警察の民主的管理と政治的中立性の確保を図ろうとするものです。

公安委員会の組織

富山県公安委員会は、県知事が県議会の同意を得て任命した3人の公安委員で構成されています。
委員は、県議会の議員の被選挙権を有する者から任命され、任期は3年で、2回に限り再任することができます。
委員長は、委員の互選により就任し、その任期は1年で、委員会を代表します。

公安委員会の権限

富山県公安委員会は、富山県警察を管理する機関でありますが、個々の具体的な活動について、直接の指揮監督を行うのではなく、富山県警察本部長を通じて県警察の管理を行い、その権限は警察法その他の法令及び条例により付与されています。
法律に基づく具体的な権限については、公安委員会規則を制定するほか、

  • 道路における交通規制及び自動車等の運転免許の取消処分等
  • 指定暴力団等の指定や暴力的要求行為等に対する措置命令
  • 風俗営業、古物営業、質屋営業の許可とこれに対する取消処分等
  • 警察庁や他の都道府県警察に対する援助の要求
  • 銃砲刀剣類の所持の許可とこれに対する取消処分等
  • 警察署協議会委員の委嘱
  • 犯罪被害者等給付金の支給申請に対する裁定等

などの事務を行います。