印刷

更新日:2021年3月17日

ここから本文です。

犯罪被害者支援について

犯罪被害者支援について
事件、事故の被害者の方々は、犯罪等により、生命を奪われる、身体を傷つけられる、金銭など財産を奪われるといった生命、身体、財産上の直接的な被害を受けています。事件後の直接的な被害に加え、心にも大きな深い傷を受けています。この心の傷はすぐに回復することは困難です。
現在、富山県警察では、犯罪に遭われた被害者の方々や、その家族の方々が再び平穏な生活を営むことができるよう、様々な施策、制度により被害者支援を行っています。

犯罪被害者等に対する支援・連絡制度

  • 被害者支援員による支援
    警察では、殺人、傷害、強制性交等の身体犯や、ひき逃げ事件、交通死亡事故など、発生直後に専門的な支援を必要とする事件・事故について、被害者支援員による支援を行っています。
  • 被害者連絡制度
    警察では、殺人、傷害致死、強制性交等の身体犯や、ひき逃げ事件、交通死亡事故など、一定の重要な事件・事故について、犯罪被害者等のうちご希望の方には、捜査等に支障のない範囲で、捜査状況等をお知らせしています。
    ※事件内容等により、お伝えできる情報の範囲・内容が異なります。

経済的な支援制度

警察では犯罪被害者等の経済的負担の軽減に資するため次のような支援制度を設けています。

  1. 文書料の公費負担(診断書、死体検案書料)
  2. 初診料等の公費負担(初診料・初回処置料、緊急避妊措置料、人工妊娠中絶料)

事件内容によっては、適用されない場合があります。詳細は、担当警察官にお尋ねください。

犯罪被害給付制度

故意の犯罪行為により不慮の死亡・重症病又は障害という重大な被害を受けたにもかかわらず、何らの公的救済や加害者側からの損害賠償を得られない犯罪被害者等に対して、国が給付金を支給することにより、その精神的・経済的打撃の緩和を図ろうとするものです。

制度の概要

  1. 重傷病給付金
    故意犯罪により重傷病(加療1ヶ月以上かつ3日以上の入院)を受けられた場合に、医療費の自己負担相当額等(1年間を限度)の給付金が支給されます。
  2. 障害給付金
    故意犯罪により一定の障害(1級~14級)が残った場合に、当該障害等級に応じた給付金が支給されます。
  3. 遺族給付金
    故意犯罪により死亡された方の
    (1)配偶者、(2)子、(3)父母、(4)孫、(5)祖父母、(6)兄弟姉妹
    のうち第一順位の方(順位は、上記番号順)に、一定の範囲内で給付金が支給されます。
    ※場合によっては申請できなかったり、不支給や減額となる場合があります。

詳しくは警察本部犯罪被害者支援室(電話076-441-2211内線2673)にお尋ね下さい。

カウンセリング制度

被害による著しいストレスから心身に不調をきたした被害者やご家族に対して、臨床心理士資格を有する職員がカウンセリングを行っています。

お問い合わせ

所属課室:入善警察署  

〒 939-0627 下新川郡入善町椚山1385

電話番号:0765-72-0110