印刷

更新日:2021年2月19日

ここから本文です。

富山県警察秋山情報2019

  • 『登山計画』を家族や職場に伝えましょう!
  • 山小屋等のキャンセルは、直接・確実に連絡しましょう

1 ≪知る≫≪備える≫

秋山期間の遭難発生状況(平成29年及び平成30年)
  遭難件数 遭難者数 死亡 行方不明 負傷 無事
平成30年 37件 40人 4人 1人 20人 15人
平成29年 40件 43人 7人 0人 21人 15人
増減 -3件 -3人 -3人 +1人 -1人 0人

秋山期間(9月から11月までの間)は、寒暖の差が激しくなるほか、標高2,000メートル以上の山岳地域では、9月下旬から降雪が予想されるとともに、気温の低下により雪渓が硬くなり滑りやすくなることなどから、入山時には以下の点に留意して十分な注意と万全な準備をしましょう。

入山前の準備と注意事項

  • 山岳地域の天候は変わりやすく、寒暖の差が激しいことから、雨具及び防寒具を必ず携行する。
  • 熊よけの鈴やスプレー等の熊対策用品を携行する。
  • 積雪時に登山・スキー等で入山する場合には、積雪状況を確認し、雪崩発生の危険性の高い場所には絶対に立ち入らない。
  • 登山計画を家族・職場等に伝えておくほか、登山届提出システム「コンパス」を活用したり、登山届を警察等に提出する。
  • 事前トレーニングを行い、体力、技術に見合う登山コースを選ぶ。
  • 体調が悪い場合は入山せず、中止又は延期を検討する。
  • 必要な装備(通信機器、地図、ヘッドランプ等)を携行する。
  • 不測の事態に備え、位置探査用電波送信機を携行する。

入山後の注意点

  • 日没が早いことから日没時間を確認し、早目に行動を終了する。
  • 入山直後は急激な運動を避けるとともに、行動中は少しでも体調に異変を感じた場合は、最寄の山小屋に移動する。
  • 単独行動は控え、地図やGPS機能を活用して現在地を確認する。
  • 常に天候に注意を払い、急変した場合の避難場所や下山ルートを想定しておく。

SNS等に掲載の登山情報について

  • SNSやインターネット上に公開する登山に関する情報は多くの方が登山する際の参考にしています。
  • 軽装での無謀な登山や危険区域への立ち入りを勧奨するような書き込みはしないでください。
  • 登山の際、SNS上の情報のみに頼るのは危険です。公共機関のホームページ、山小屋等から信頼できる複数の情報を入手してください。
本年の遭難発生状況(8月28日現在)
  遭難件数 遭難者数 死亡 行方不明 負傷 無事
令和元年 107件 115人 11人 1人 58人 45人
平成30年 82件 86人 1人 1人 52人 32人
増減 25件 29人 10人 0人 6人 13人

剱岳
平成30年10月上旬の剱岳の様子です。
9月以降紅葉は進み、朝晩の冷え込みが一段と厳しくなりますので、防寒着を携行してください。

関連リンク

コンパス~山と自然ネットワーク~(外部サイトへリンク)