印刷

更新日:2021年2月19日

ここから本文です。

富山県警察夏山情報2019(第2号)

  • 『登山計画』を家族や職場に伝えましょう!
  • 体調管理は『水分補給』から!

1 山岳状況

夏山期間(7月及び8月)中は例年、登山者の増加に伴い、雪渓での滑落、登山道での転倒、発病等による山岳遭難が多く発生します。
剱岳・立山連峰一帯には雪渓が多く残っており、滑落等に十分注意する必要があるほか、今後、更に気温が高くなると、脱水等による行動不能が予想され、注意が必要です。

室堂周辺の状況(2019年7月25日撮影)

雄山

室堂平や雷鳥沢周辺には残雪があります。

鬼岳

鬼岳付近にも雪渓があります。

東一ノ越

残雪はありませんが、浮石に注意して下さい。
タンボ平の沢を横断する際、道迷いに注意して下さい。

剱沢

剱沢や剣山荘と一服剱の間にも残雪があります。

早月尾根6峰

2 ≪知る≫≪備える≫≪もしもの時は?≫

問合せ先

富山県警察本部地域部山岳安全課 076-441-2211(代表)
上市警察署室堂警備派出所 076-463-5537
(電話でのお問合せは、平日午前9時から午後5時までの間にお願いします。)

H31 夏山リーフレット

事前準備

  • 登山計画を家族・職場に伝えておくほか、スマートフォン等で登山届を関係機関に提出できるシステム「コンパス」を活用しましょう。
  • 事前トレーニングを行い、体力、技術に見合う登山コースを選びましょう。
  • 体調が悪い場合は、無理な行程を避け、中止又は延期を検討しましょう。
  • 山岳地域の天候は変わりやすく、寒暖の差が激しいことから、雨具及び防寒具を必ず携行しましょう。特に8月は、気温が上がり、夕立等も多いことから、速乾性のある着衣、着替え等を準備してください。
  • 必要な装備(通信機器、地図、ヘッドランプ等)を携行しましょう。

入山後の注意点

  • 目的地への早立ち、早着きなど余裕のある行動に心がけましょう。
  • 入山前に体調を整え、入山直後は急激な運動を避けましょう。
  • なるべく単独行動を控え、こまめに水分や栄養を補給しましょう。
  • 地図やGPS機能を活用して現在地を確認しましょう。
  • 常に天候に注意を払い、急変した場合の避難場所や下山ルートを想定しておきましょう。
    特に夏場は、雷に注意してください。
  • 夏休み期間中、親子で登山される方も多いですが、特にお子さんは慣れない高山の環境による体調不良に十分注意してください。