印刷

更新日:2021年2月19日

ここから本文です。

富山県警察夏山情報2019(第1号)

  • 『登山計画』を家族や職場に伝えましょう!
  • 山小屋等のキャンセルは、直接・確実に連絡しましょう

1 ≪知る≫≪備える≫

病気・疲労等による行動不能の予防

夏山期間(7月から8月までの間)には、病気(高山病)、疲労等による救助要請が多くなることから、予防に向けて以下の点に留意しましょう。

夏山期間
  遭難件数 遭難者数 遭難者のうち
病気によるもの
遭難者のうち
疲労によるもの
平成30年 68件 71人 14(8)人 6人
平成29年 53件 58人 8(3)人 3人
平成28年 62件 74人 18(14)人 4人

( )内は高山病

予防策

  • 室堂から入山する場合は、交通機関等で短時間に標高2,000m以上に移動することから、高度順応が必要となります。十分に休憩した後で出発するか、前泊も検討しましょう。
  • 前日に十分な睡眠をとりましょう。
  • こまめに休憩し、意識的に水分及び栄養の補給を心掛けましょう。
  • 持病を有する人は、登山前に医師の診察を受けましょう。
  • 頭痛、めまい、吐き気等の症状があるときは登山を中止してください。

体調に異変を感じた場合の措置

  • 登山中にめまい、頭痛、吐き気等体調に異変を感じた場合は、絶対に無理をしない。少しでも高度を下げるとともに、最寄りの山小屋や安全な場所で休憩しつつ、下山してください。
  • 特にツアーやパーティー等で登山している場合人に気を遣うあまり無理をする傾向にあることから、互いに「無理をしない」、「無理をさせない」ことを徹底してください。
  • 行動不能になった場合は、近くの登山者に助けを求めるとともに、早めに救助要請してください。

事前準備

  • 登山計画を家族・職場等に伝えておくほか、警察等に提出しましょう。
  • 事前にトレーニングを行い、体力、技術に見合う登山コースを選びましょう。
  • 山岳地域の天候は変わりやすく、寒暖の差が激しいことから、雨具及び防寒具を必ず携行しましょう。
  • 必要な装備(通信機器、地図、ヘッドランプ、非常食等)を携行しましょう。
  • 常に天候に注意を払い、急変した場合の避難場所や下山ルートを想定しておきましょう。

SNS等に掲載の登山情報について

  • SNSやインターネット上に公開する登山に関する情報は多くの方が登山する際の参考にしています。
  • 軽装での無謀な登山や危険区域への立ち入りを勧奨するような書き込みはしないでください。
  • 登山の際、SNS上の情報のみに頼るのは危険です。公共機関のホームページ、山小屋等から信頼できる複数の情報を入手してください。

2 登山計画書提出先

郵送又は電子メールで提出される方
対象 富山県内で登山される方
様式・
提出方法等
右側の関連リンク「登山計画書等提出・問合せ先」内の「関連ファイルの
ダウンロード」の書式を参考に作成し、下記の宛先まで郵送または
電子メールで提出してください
(山岳会等で作成する様式でも結構です)
郵送先 〒930-8570
富山県富山市新総曲輪1-7
富山県警察本部地域部山岳安全課
電子メール kenkei01&tpp.pref.toyama.lg.jp
(送信するときは&を@に変えて送信してください)
問合せ先 076-441-2211(代表) 月~金曜日 8時30分~17時00分

3 山岳概況

室堂平(標高2450m)の残雪は、
2019年6月27日現在、120cm(昨年40cm)
で前年よりも多く、スリップによる転倒や滑落等に注意してください。

2019年6月13日撮影の山岳状況(立山方面)

6月13日撮影の室堂平

6月13日撮影の雄山

6月13日撮影の剱岳1

6月13日撮影の剱岳2

6月13日撮影の平蔵谷

6月13日撮影の長次郎谷

関連リンク