ホーム > くらしの安全 > 山岳情報 > 低い山での遭難が多発!

印刷

更新日:2021年4月2日

ここから本文です。

低い山での遭難が多発!

昨年(令和2年)中、富山県内の低い山で遭難した人は14人(前年比+8人)で、山菜採りで2人、渓流釣りで1人、登山で1人が死亡しました。そのほか登山中の滑落や道迷いによる遭難が発生しました。

遭難を防ぐためのポイント

  • 年齢や体力に合わせた行動に努め、決して無理をしない。
  • 1人だけで入山しない。2人以上で入山し、互いに離れ過ぎないように声をかけ合う。鈴やホイッスルを活用すると効果的。
  • 坂道や斜面を歩くときは足元によく注意する。危険な斜面には近づかず、濡れた岩、木の根、ぬかるみなどには注意して下さい。特に下り坂では、滑ると転倒、滑落につながるので要注意。
  • 道に迷ったら、むやみに歩き回らずに110番通報する。

 

入山前の準備と注意点

  • 家族や友人に行き先を知らせておきましょう。
  • 雨具、ライト、非常食や携帯電話(予備バッテリー)を準備しておきましょう。地図やスマホの地図アプリも忘れずに準備しましょう。
  • 山林などに入って山菜を採るときは、他人の管理地に入らないなど注意が必要です。

 

チラシ

お問い合わせ

所属課室:警察本部地域部山岳安全課

〒 930-8570 富山市新総曲輪1-7

電話番号:076-441-2211