ホーム > 運転免許 > 有効期間の延長手続き > 代理人による運転免許証の有効期間の延長手続について

印刷

更新日:2021年6月10日

ここから本文です。

代理人による運転免許証の有効期間の延長手続について

新型コロナウイルスへの感染などの理由で、更新者が直接運転免許証の有効期間の延長手続に運転免許センター等に出向くことができない場合(郵送手続を除く)代理人による申請が可能です。

※ 既に更新期間の延長手続を行われた方についても対象となります。
延長後の更新期間の末日が令和3年9月30日までの間にある方は、延長後の更新期間の末日までに申出があれば、再度の3か月の延長措置を行うことができます。

確認事項

次の項目すべてに当てはまることをご確認ください。
該当しない項目がある場合には、代理人による申請はできません。

  • 運転免許証記載の住所地が富山県内である。
  • 運転免許証が失効していない。
  • 更新手続中でない。
  • 運転免許証の記載事項について変更がない。
  • 運転免許証表面に記載された有効期間が令和3年9月30日までである。

代理人の範囲と確認書類等

  • 代理人の方の本人確認書類
3親等以内の同居の親族・姻族 本人確認書類(運転免許証、保険証等)のみ
上記以外の方 本人確認書類と委任状(別添様式をご利用ください)
  • 申請者本人の運転免許証
  • 更新手続開始申請書(別添の様式を印刷してご利用ください。)

受付場所及び時間

本人による申請の場合と同様です。

問合せ先

手続の詳細、その他ご不明な点等ございましたら、運転免許センターまでお問い合せください。

関連ファイルのダウンロード

お問い合わせ

所属課室:警察本部交通部運転免許センター

〒 931-8562 富山市高島62-1

電話番号:076-451-6360(平日9時~17時)、076-441-2211(代表)