印刷

更新日:2021年4月30日

ここから本文です。

主な悪質商法3

~知的財産権侵害事犯~

商標権侵害事犯及び著作権侵害事犯

偽ブランド事犯等の商標法違反に係る事犯及び海賊版事犯等の著作権法違反に係る事犯

営業秘密侵害事犯

不正競争防止法第21条第1項及び第3項に該当する事犯

全国の検挙事例

1東京2020オリンピック・パラリンピック競技大会商標使用に係る商標法違反事件

 令和2年1月頃、3回にわたり、公益財団法人東京オリンピック・パラリンピック競技大会組織委員会が商標権の設定登録をしている「TOKYO2020」の文字及びオリンピックシンボル等を組み合わせた商標等に類似する商標を付したメダル7点を販売譲渡した。

 令和2年2月、同人を商標法違反(使用)で逮捕した。

2ブランド金地金偽造に係る商標法違反事件

 令和元年11月、貴金属ブランドの商標に類似する商標を金地金16個に金型で刻印して付した。

 令和2年9月、5人を商標法違反(使用)で逮捕した。

3代金引換サービスを利用した商標法違反事件

 令和元年10月、2回にわたり、偽ブランド品合計3点を代金引換サービスを利用して発送し、販売譲渡した。

 令和2年9月、6人を商標法違反(使用)で逮捕した。

4人気アニメの複製品等の頒布等に係る著作権法違反及び商標法違反事件

 令和2年1月頃から令和2年6月までの間、人気アニメーションに登場するキャラクターの姿態が印刷されたスマートフォンケースを、著作権者3社の許諾を得ずに複製されたものであることの情を知りながら、販売して頒布するなどし、令和2年6月、偽造スマートフォンケースを販売譲渡のために所持した。

 令和2年9月までに、同人を著作権法違反(侵害とみなす行為)、商標法違反(譲渡目的所持)で検挙した。

5電子応用制御装置等製作販売等会社元従業員による営業秘密の領得に係る不正競争防止法違反事件

 不正の利益を得る目的で、在職中の令和元年8月、同社において、同社の営業秘密である機械図面データを外部電磁的記録媒体に記録させる方法により複製を作成し、同社の営業秘密を領得した。

 令和2年9月、同人を不正競争防止法違反(営業秘密の領得)で逮捕した。

6労働者人材派遣会社元従業員らによる営業秘密の領得に係る不正競争防止法違反事件

 不正の利益を得る目的で、平成30年3月頃、同社事務所において、同社の営業秘密である派遣労働者情報が保存されたファイルデータを外部電磁的記録媒体に記録させてその複製を作成する方法により、同社の営業秘密を領得した。

 令和2年5月、3人を不正競争防止法違反(営業秘密の領得)で逮捕した。

7パチンコ店元店長による営業秘密の不正取得・開示に係る不正競争防止法違反及び不正アクセス禁止法違反事件

 不正の利益を得る目的で、在職中の令和元年7月頃から令和元年9月頃までの間、同人方等において、国内にあるサーバコンピュータに不正アクセス行為をするなどし、同社の営業秘密である遊技機設定表をスマートフォンで撮影した上、令和元年7月頃から令和元年9月頃までの間、知人に宛てて、前記撮影に係る画像ファイルを送信し、同社の営業秘密を開示した。

 令和2年2月、5人を不正競争防止法違反(営業秘密の不正取得)及び不正アクセル禁止法違反(不正アクセス行為)で逮捕した。

その他の事犯

全国の検挙事例

1密漁品の所持に係る漁業調整規則違反事件

 法定の除外事由がないのに、令和元年12月、高知県内のビニールハウスにおいて、高知県漁業調整規則に違反して採捕された全長21センチメートル以下のうなぎ約2.9キログラムを所持した。

 令和2年1月までに、12人を高知県漁業調整規則違反(体長等の制限)で検挙した。

2現役弁護士による弁護士法違反事件

 令和元年6月頃から令和元年10月頃までの間に、報酬を得る目的で法律事務の周旋を業としていた者から、債権回収又は債権整理に係る法律事務の周旋を受けてこれを受任した。

 令和2年11月、同人を弁護士法違反(非弁護士との連携の禁止)で逮捕した。

3衛生マスクの転売に係る国民生活安定緊急措置法違反事件

 令和2年4月、同人が経営する衣料品販売店において、インターネットショッピングモールで購入した衛生マスクを、その購入価格を超える価格で販売した。

 令和2年5月、1法人1人を国民生活安定緊急措置法違反(衛生マスクの転売の禁止)で検挙した。

4外国人による航空法違反事件

 令和元年5月、国土交通大臣の許可及び承認を受けないで、無人航空機を遠隔操作し、夜間に、人又は家屋が密集している地域の上空を飛行させた。

 令和2年6月、同人を航空法違反(無許可飛行等)で逮捕した。

5チケット売買仲介サイトを舞台にしたチケット不正転売事件

 興行主の同意を得ないで、業として、令和元年6月頃から令和元年10月頃までの間、チケット売買仲介サイトを介して、宝塚歌劇団の特定興行入場券8枚(定価合計5万9,800円)を転売金額合計27万3,000円で販売し、不正転売した。

 令和2年1月、同人をチケット不正転売禁止法違反で逮捕した。

 また、同チケット売買仲介サイトを運営する会社役員ら4人を盗品等有償処分あっせんで検挙したほか、同チケット売買仲介サイトに転売目的で出品した無職男ら2人を詐欺で検挙した。

6外国人らによる金塊密輸入事件

 氏名不詳者らと共謀の上、金地金を不正に輸入し、これに対する消費税及び地方消費税を免れようと企て、令和2年6月、成田市内に所在する保税蔵置場において情を知らない通関業者を介し、航空貨物で金地金合計約30キログラムを輸入し、同金地金(課税価格約1億8,060万円相当)に対する消費税等1,806万円を免れようとしたが、税関職員に発見されたため、その目的を遂げなかったもの。

 令和2年12月、同人らを関税法違反等で逮捕した。