ホーム > 富山県警の紹介 > 職員採用 > イベント情報 > 採用選考(特別採用・中途採用)職種個別説明会の実施

印刷

更新日:2021年12月23日

ここから本文です。

採用選考(特別採用・中途採用)職種個別説明会の実施

富山県警察では、採用選考(資格や経歴を応募要件とする職種の選考)による公募の実施を予定しています(現時点、確定しているものはありません。)。

この度、採用選考職種に関心がある方を対象として、以下の個別説明会(オンライン又は対面)を行うこととなりました。

以下の採用選考職種の業務説明を聞きたい方は、ぜひお申込みください。日程を調整して、現職が説明します。

選考説明会フォーム(別ウィンドウで開きます)左のボタンから、必要事項を入力してください。

航空整備士【一般職員】

業務

富山県警察航空隊で保有している「ヘリコプター(AW139)」の整備を行うほか、ヘリコプターに同乗してヘリコプター・テレビシステム等の特殊装備品の操作を行います。

また、各種災害発生時における救助活動では、救助ホイスト装置の操作者としての業務を行い、山岳警備隊や機動隊と連携した救助活動を行います。

必要資格

  • 一等航空整備士(その他の資格者については要相談)
  • 航空無線通信士または航空特殊無線技士
  • 採用時55歳以下かつ5年以上の航空機整備経験

先輩の声

私は、航空関係の専門学校を卒業後、民間企業で勤務していましたが、富山県警察での航空整備士募集を知り、転職しました。

業務内容は、ヘリコプター整備のほか、警ら飛行中のヘリコプター・テレビシステムの操作や救助飛行時における救助ホイストの操作など多岐にわたり、山岳警備隊や機動隊と連携した救助活動の一翼も担っています。

近年は、ヘリコプターの高機動性や高視認性が、地域の安全を守る面においても存在感を増していることから、航空整備士にはヘリコプターが飛べる状態を維持することが求められています。そのためには、常に最新技術の習得に努めなければならず、日々の点検にも細心の注意を払う必要があります。責任は重大ですが、任務を終えた後には、大きな喜びが待っています。

航空整備士として勤務することに興味のある方は、是非、個別説明会に申し込んでみてください。

航空整備中

サイバー犯罪捜査官【警察官】

業務

コンピュータ、ネットワーク及び情報セキュリティ等、情報技術に関する専門的知識や経験をいかし、主にサイバー犯罪捜査及び情報技術に関する指導・研修等を行っています。

必要資格

次のすべての要件を満たす者

  • 情報処理技術者試験のうち指定する試験(下記参照)のいずれかの資格を取得
  • 情報処理に関する有用な実務経験が3年以上
  • 採用時に40歳以下

(指定する試験)

  1. 情報セキュリティマネジメント試験
  2. 基本情報技術者試験(旧第二種情報処理技術者試験)
  3. 応用情報技術者試験(旧ソフトウェア開発技術者試験、旧第一種情報処理技術者試験)
  4. ITストラテジスト試験(旧システムアナリスト試験、旧上級システムアドミニストレータ試験)
  5. システムアーキテクト試験(旧アプリケーションエンジニア試験、旧特種情報処理技術者試験)
  6. プロジェクトマネージャ試験
  7. ネットワークスペシャリスト試験(旧テクニカルエンジニア(ネットワーク)試験、旧オンライン情報処理技術者試験)
  8. データベーススペシャリスト試験(旧テクニカルエンジニア(データベース)試験)
  9. エンベデッドシステムスペシャリスト試験(旧テクニカルエンジニア(エンベデッドシステム)試験、旧マイコン応用システムエンジニア試験)
  10. ITサービスマネージャ試験(旧テクニカルエンジニア(システム管理)試験、旧システム運用管理エンジニア試験)
  11. 情報セキュリティスペシャリスト試験(旧テクニカルエンジニア(情報セキュリティ)試験、旧情報セキュリティアドミニストレータ試験)
  12. システム監査技術者試験(旧情報処理システム監査技術者試験)
  13. 情報処理安全確保支援士試験

先輩の声

私は、富山県外の民間企業でシステムエンジニアをしていました。地元へのUターン転職を考えていたときに、富山県警察で、サイバー犯罪捜査官の募集を見つけたので、経験が生かせると思い応募しました。

採用後は、サイバー犯罪の捜査や電子機器の解析、警察官に対するサイバー技術の研修を担当しています。

サイバー技術の進歩は日進月歩ですが、大手セキュリティ企業での派遣研修もあり、知識のアップデートも行えます。

サイバー犯罪捜査官に興味のある方は、是非、個別説明会に申し込んでみてください。

サイバーパトロール

ベトナム語国際捜査官【警察官】

業務

国際犯罪及び外国人が関連する犯罪の捜査、犯罪被害者となりうる外国人の保護、通訳業務(ベトナム語)等に従事します。

必要資格

日本国籍を有し、ベトナム語が堪能で、次のいずれかに該当する方

  • 海外留学や勤務等で1年以上の海外居住経験者及び同等の経験者
  • ベトナム語の通訳・翻訳、指導業務に1年以上従事した者及び同等の能力と知識を有すると認められる者
  • 採用時に40歳以下

先輩の声

私は、学生時代に海外留学の経験があり、社会人になってからは、通訳等、外国人に関わる仕事をしていました。転職を考えていたとき、富山県警察で、ウルドゥー語国際捜査官の募集を行っているのを知り、応募しました。

採用後は、外国人に関連する犯罪の捜査、外国人被疑者の取調べの通訳、外国人への地理教示、外国人に対する防犯教室などの業務に従事しています。

富山県は、外国人居住者や外国人観光客が多いため、外国人同士の争いや外国人が巻き込まれる事件もあります。特に、最近では、ベトナム人関連の事件が増えています。

私が海外留学した経験は、今でも、外国人の多様な考えを理解する場面で生きています。

ベトナム語国際捜査官に興味のある方は、是非、個別説明会に申し込んでみてください。令和3年度に採用されたベトナム語通訳担当職員とともに、国際捜査官の魅力を説明します。

通訳人

お問い合わせ

所属課室:警察本部警務部警務課

〒 930-8570 富山市新総曲輪1-7

電話番号:0120-376-032