ホーム > 富山県警の紹介 > 職員採用 > 採用選考(特別採用・中途採用)職種の紹介

印刷

更新日:2021年7月30日

ここから本文です。

採用選考職種の紹介

募集中の、採用選考職種の紹介です。個別で業務説明を希望される方は、説明会等申込みフォームから、ご連絡ください。

再採用(警察官)

【業務】

  • かつて警察官であった時の経験を生かし、富山県の治安維持に当たります。
  • 警察署や交番等で、即戦力として勤務します。

【魅力】

  • 富山県での警察官経験がなくても、勤務ができます。
  • 結婚、出産、育児、介護、家業の継承等でやむを得ず警察官を辞めた場合であっても、再び、警察官として勤務できます。
  • 退職時の階級を参考に、巡査長以上の職で採用します。
  • 初任科及び初任補修科への入校はありません。

【職場】

  • 近年、富山県警察では、ワークライフバランスに取り組んでおり、時間外勤務の抑制や有休休暇取得の促進に努めています。
  • 教養が頻繁に行われているほか、匿名によるヘルプデスクも設置されており、離職後のブランクを早く埋めることができます。

航空操縦士(警察官)

【業務】

  • ヘリコプター(AW139)に搭乗して、富山県上空から県全域のパトロールを行うほか、ヘリコプターテレビシステムを活用して、各種警備、事件捜査、交通取締り等の支援を行います。
  • 登山者の増加に伴い、剱岳や立山などの山岳地帯における事故や行方不明も増加傾向にあるため、航空隊と山岳警備隊が協力して、山岳遭難者の救助を行っています。
  • 航空操縦士は、様々な事案の対処を想定し、日夜訓練しています。

【魅力】

  • 訓練を繰り返すため、遭難救助技術が向上します。
  • さまざまな事件・事故に対応し、空から富山県の治安を守ります。
  • 操縦資格を取得するための海外研修を受けることができます。

【職場】

  • 警察航空隊舎で待機し、事件・事故が発生すれば出動します。
  • 隊員間で意見交換しながら、事件・事故をシミュレーションしています。

情報処理技術者(一般職員)

【業務】

  • まだ「紙」が主体の警察行政のデジタル化をすすめることで、県警察のDX(デジタルトランスフォーメーション)をすすめます。
  • 県警察のDX化を通して、警察業務の効率化を支援します。

【魅力】

  • Webアプリケーションの設計・開発からITシステム/インフラの構築・運用まで、幅広い業務に携わることで、自らのスキルがアップします。
  • 情報システム面から県警察を支えることで、SEであっても、富山県の安全・安心に貢献できます。
  • ITエンジニアリングへの関心や論理的思考力をもって、社会貢献したいという想いを実現できます。

【職場】

  • 民間企業を経験したSEが在籍し、各々の経験を生かしながら、責任をもって業務に取り組んでいます。
  • 様々な研修を受ける機会があるため、最新の技術を習得できます。

文書・心理研究官(一般職員)

【業務】

警察本部科学捜査研究所で、次の鑑定や研究を行います。

  • 筆跡(筆者の識別)及び印章(印影と印章の関連性)
  • 印刷物(証明書等の真偽識別や偽造方法)
  • 不明文字検出(抹消された文字等の判読)
  • ポリグラフ(装置を用いて、検査対象者の記憶を検査)
  • 犯罪者プロファイリング(統計データや心理学的手法を用いて、犯人像や犯人の居住地の推定、次回の犯行予測といった犯罪情報を分析)

【魅力】

  • 自らの科学的な判断が事件解決に役立ち社会貢献できる業務です。
  • 専門分野に特化したスペシャリストを目指せます。
  • 特殊性の高い業務であるため、他の職業では味わえない仕事の充実感、達成感があります。

【職場】

  • 大学で学んだ知識をベースに、新しい技術・発想で科学捜査をリードします。
  • 学術研究、学会参加が可能であり、スキルアップに取り組むことができます。
  • 法科学研修所(科学警察研究所)での研修を通して、基礎的な事柄から学ぶ機会があり、全国に志を同じくする友人をたくさん持てます。

 

お問い合わせ

所属課室:警察本部警務部警務課

〒 930-8570 富山市新総曲輪1-7

電話番号:0120-376-032