富山県警察本部のトップページにジャンプします 現在表示しているページですサイバー犯罪の定義、特徴、事例について紹介しますインターネットを利用する上で注意しなければならないことについて紹介します情報セキュリティ対策ビデオの内容紹介と貸出についての説明ですサイバー犯罪対策室への相談、情報提供はこちらまで不正アクセス禁止法の目的、概要と援助規定についての説明です出会い系サイト規制法について紹介しています。被害予防に役立つリンク集です  
富山県警察本部のトップページにジャンプします  TOP >相談事例
 
括弧 括弧
括弧 紫丸相談事例
 

  インターネット上に個人情報や誹謗中傷を書き込まれた

  オンラインゲームでアイテムやポイントを盗まれた

  携帯電話のフィルタリングをしているのに、有害サイトが表示される

 
 

インターネット上の電子掲示板やブログ等に、個人情報や誹謗中傷の書き込みをされた

対処方法

書き込みのある掲示板の管理者、運営者に削除を要請してください。多くのサイトでは、削除要請の方法や宛先、削除対象についてのガイドラインが定められており、削除要請はそれらに従って行うことになります。また、削除要請と併せて、携帯電話番号やメールアドレス等変更が可能なものについては変更するようにしてください。

書き込み内容が、名誉棄損や侮辱、脅迫といった犯罪行為に当たる場合には、書き込み内容や状況がわかる資料(問題の書き込みがされているサイトを印字したものなど)を持参して、管轄の警察署に相談してください。

予防策

このようなトラブルに巻き込まれる原因として、プロフィールサイト等に自分の名前やメールアドレスといった個人情報、写真画像等を載せており、それらを悪用されてしまったというケースが多く、個人情報の不用意な公開は危険ですのでやめましょう。

 

反対に、自分の書き込みが問題となってしまう可能性もあります。インターネットに情報を公開する場合は、本当に書き込んでも大丈夫なのかをよく考えることが大切です。

 

オンラインゲームでアイテムやポイントを盗まれた

対処方法 まず、ゲーム運営会社に連絡し、運営会社の機械的なトラブルではないかを確認してください。機械的なトラブルでないと分かれば、不正アクセス禁止法違反が疑われます。この場合、ゲーム運営会社に連絡を取ったときのメールを印字したものなど関係資料を用意して、管轄の警察署に相談してください。警察では、相談までの経緯や利用状況(最終利用日時、発見日時、消失アイテムの種類及び数、利用プロバイダ等)をお聞きしますので整理しておいてください。
予防策 不正アクセスが行われてしまう原因としては、
  • ID、パスワードを誰かに教えた
  • 推測されやすいパスワードを設定していた
といったものが多く、パスワード管理をしっかり行っておけば防ぐことができる事案がほとんどです。また、ウイルス感染したパソコンからIDやパスワードを入力したときの情報が漏れてしまうことも考えられますので、パソコンのウイルス対策も非常に重要です。
 
  • 推測されにくいパスワードを設定し、定期的に変更する
  • パスワードを絶対に他人に教えない
  • 不正ソフトは利用しない
  • パソコンのウイルス対策をしっかりと行う
  

携帯電話でフィルタリングをしているのに、有害サイトの広告バナー等が表示される

フィルタリングには大きく分けて
  • ブラックリスト方式 (登録したサイト(有害サイト)への接続をできないようにする)
  • ホワイトリスト方式 (登録したサイト(安心なサイト)のみへの接続を許可する)

の2種類があり、ブラックリスト方式では、次々と出てくる新しいサイトに対応するには限界があります。ホワイトリスト方式では、安全なサイトとして許可されたサイト以外には接続できませんので、相談にあるような問題は起きにくいと言えます。なお、主要携帯電話会社では、どちらのフィルタリング方式にするか選択できるようになっています。

   
ページの一番上に戻ります
括弧
括弧 括弧
 
  TOP >相談事例
横棒 横棒
 
立山くん
富山県警察本部のトップページにジャンプします
立山くん