富山県警察ホームページ メニューを飛ばして本文へ


検索


本文

富山県警察ホーム > 富山県砺波警察署 > 砺波警察署協議会開催結果 > 平成30年度第1回(第55回)砺波警察署協議会開催結果

砺波警察署協議会開催結果

最終更新日:2018年6月27日

平成30年度第1回(第55回)砺波警察署協議会開催結果

1 開催日時 平成30年5月25日 
       午後3時00分から午後5時10分まで
2 開催場所 砺波警察署 3階講堂
3 出席者  砺波警察署協議会委員4名
       警察署長以下9名

会議の概要

1 議事内容
 ○ 主要業務推進結果(平成30年2月から4月までの取組結果)
 ○ 当面の業務重点(平成30年5月から8月までの取組方針)


2 質疑応答
 ○ 特殊詐欺被害防止方法について
   【委員】
    いわゆる特殊詐欺の被害に遭わないようにする方法があれば教えて欲しい。
   【回答】
    ちょっとでもおかしいなと気づく「キーワード」を覚えていて欲しい。
    電話やメールで「ATM」、「還付金」などのことばが出たら、「詐欺」と思って欲
   しい。そして警察に相談して欲しい。

 ○ 防犯カメラの普及状況について
   【委員】
    防犯カメラは、犯罪抑止につながると思うが、砺波市内の普及はどのような現状か。
   【回答】
    駅や公園に砺波市が取り付けている。商店街でも一部取り付けているが、数は少な
   い。
    県警本部の施策で、今年10月から防犯カメラを試験的に一定期間、自治会に貸し出
   す。
    防犯カメラの効果を確認したいと考えている自治会があれば、警察に問い合わせても
   らいたい。

 ○ 横断歩行者等妨害違反について
   【委員】
    横断歩道で歩行者が横断しようとしている場合や横断中の歩行者がいるのに、横断歩
   道の手前で止まらずに通過して行くドライバーや道を歩いている人にクラクションを鳴
   らして行くドライバーがいるが、違反ではないのか。
   【回答】
    交通違反になる場合がある。
    県警本部では、昨年から『ハートフル富山ダブルホイール作戦』と銘打って、「ドラ
   イバーは、歩行者に対して思いやり運転をしてください。また、歩行者も交通ルール、
   マナーを守り、危険な行動をしないでください。」と、県民に呼びかけている。
 
  砺波警察署では、委員からの意見を受け、各種施策を実施していく予定である。

【 情報発信元 】
富山県砺波警察署 電話:0763-32-0110  [ お問い合わせフォーム
Adobe Reader< PDFファイルをご覧いただけない場合 >
左記のボタンのリンク先から「Adobe Reader」をダウンロードしてください(無料)。

情報発信元

お問い合わせ

富山県砺波警察署
電話:0763-32-0110