富山県警察ホームページ メニューを飛ばして本文へ


検索


本文

富山県警察ホーム > 富山県氷見警察署 > 氷見警察署協議会

氷見警察署協議会

最終更新日:2019年7月8日

令和元年度 第1回 氷見警察署協議会

1 開催日時
  令和元年度6月19日(水)午後3時から午後5時まで
2 開催場所
  氷見警察署
3 議事概要
 (1)令和元年5月末までの警察活動結果報告
  ・刑事課関係
    管内の刑法犯認知・検挙状況、主な検挙事件
  ・生活安全課関係
    刑法犯認知件数の推移、無施錠被害の状況
    各種犯罪抑止活動実施状況、主な検挙事件
    少年補導活動状況
  ・地域課関係
    災害関係、雑踏警備、情報発信活動
    安全・安心活動、犯罪検挙
    110番通報受理状況
  ・交通課関係
    管内の交通事故発生状況、交通違反取締り状況
    高齢者対策等実施状況
  ・警察相談関係
    相談受理状況、内容別受理件数
    特徴点、対策
 (2)諮問事項
  「交通事故抑止対策」について、交通課長による事故発生状況と抑止対策の説明
 (3)審議
  ・委員からの意見・要望等
   ア 高齢者の運転ミスによる死傷事故等を減らすにはどうすべきか。
   イ 交通の不便な氷見市では免許の返納は難しい問題である。
     家族と地域ぐるみで返納に対する意識付けを行うコミュニティが大切である。
   ウ 自分の身体機能の低下を認識させることが大切である。   
     常に最悪の事態を予測して運転できる安全教育が必要である。
   エ 一人暮らしの高齢者の場合買い物等を近隣住民に頼める環境つくりが大切である。
   オ 交通戦争と呼ばれた時代より安全教育の成果で事故件数は減っている。
     高齢者の事故を減らすには緊急自動ブレーキ装置等のハード面に頼ることも必要。
     一定の年齢等の基準を設け、一部行政が補助し義務付けとしても効果的である。 
  ・警察側
    皆様からの貴重なご意見は今後の交通事故抑止対策に参考にさせていただく。
    反射材の着用に抵抗感を持つ高齢者もいるが若者でも違和感のないカラビナタイプの
   ものがある。
    反射材の多くは再帰タイプであり光が拡散しない。
    今後もこれら反射材の着用率を高める運動を行いたい。

【 情報発信元 】
富山県氷見警察署 電話:0766-91-0110  [ お問い合わせフォーム
Adobe Reader< PDFファイルをご覧いただけない場合 >
左記のボタンのリンク先から「Adobe Reader」をダウンロードしてください(無料)。

情報発信元

お問い合わせ

富山県氷見警察署
電話:0766-91-0110

オンライン県庁