富山県警察ホームページ メニューを飛ばして本文へ


検索


本文

富山県警察ホーム > 富山県高岡警察署 > 地域安全情報 > 特殊詐欺(振り込め詐欺)対策

地域安全情報

最終更新日:2017年7月6日

特殊詐欺(振り込め詐欺)対策

〜本年4月以降、現金交付型の「旧来のオレオレ詐欺事件」が高岡で連続発生中〜

◆◆「特殊詐欺」とは◆◆

 「特殊詐欺」事件とは、被害者に電話をかけるなどして対面することなくだまし、指定した預貯金口座への振り込みや現金の直接受け取り等の方法により、不特定多数の者から現金などをだまし取る犯罪です。

◆◆「旧来型オレオレ詐欺」が横行◆◆

 「特殊詐欺」事件は、本年に入り減少傾向にありましたが、4月以降、息子や孫、さらには警察官や日本銀行の職員をかたり、被害者から直接現金を受け取る旧来型の「オレオレ詐欺」が連続発生しています。

○具体的な手口
 「おれおれ」と言い息子や孫を装い、「会社のお金が入った鞄を失くしてしまった。すぐに支払わなければならない。会社の人間に取りに行かせる。」などと言ってだまし、受け子(現金受け取り役)が自宅などに現金を受け取りに来る。

◆◆その他の「特殊詐欺」携帯◆◆

○「還付金等詐欺(なりすまし詐欺)」
 社会保険庁職員や市役所職員を装い、「年金の還付金がある」「税金や医療費の還付金がある」などと言ってATMに誘導し、犯人の指示通りにATMを操作させ、被害者の口座から他人の口座に振り込ませる。

○「金融商品等取引名目詐欺(もうかるちゃ詐欺)」
 商品や社債等の募集に関するパンフレット等が郵送された後、電話があり「パンフレットが届いた人しか買えない」「必ず儲かる」「名義だけ貸してほしい」等と言って、代金、あるいは「代金を払わないと処罰される」などと言って現金を要求する。

○「ギャンブル必勝法情報提供名目詐欺(もうかるちゃ詐欺)」
 ロト6等のギャンブルの必勝法情報を雑誌、インターネットサイト、電話等で宣伝し、興味を示した被害者に「当選番号を教える」「必勝法を教える」等と話して、代金や会員料金等を要求する。

○「架空請求詐欺」
 携帯電話に「サイトの無料期間が終了したが、脱会手続きがされていない」などといったメールが入ったり、「料金未払いのため訴えます」などといった内容のハガキが郵送され、連絡先に電話させ現金を振り込ませる。

○「融資保証金詐欺」
 実際には融資していないにもかかわらず、融資に関する文書等を送り付け、「この文書を受け取った人だけの優遇」などと嘘を言い、興味を示し融資を申し込んできた被害者に融資の保証金名目で現金をだまし取る。

◆◆被害防止対策◆◆

★ あわてず冷静に対応して下さい。
★ 自分から肉親の名前を言わないで、先に相手に名乗らせて下さい。
★ 電話を切った後、相手が言った連絡先に電話せず、必ず本人に事実かどうか確認して下さ
 い。
★ 確認できないときは、お金を振り込まない。
★ ひとりで悩まず、現金を振り込む(手渡す)前に、身近な人、警察、県・市の相談窓口や
 金融機関の人に相談する。
★ 警察官が示談の仲介をすることはありません。
★ 弁護士や保険会社から事故直後に示談金の振り込みを勧めることはありません。
★ レターパック、ゆうパック、宅配便等で現金を郵送してはいけません。

【 情報発信元 】
富山県高岡警察署 電話:0766-23-0110  [ お問い合わせフォーム
Adobe Reader< PDFファイルをご覧いただけない場合 >
左記のボタンのリンク先から「Adobe Reader」をダウンロードしてください(無料)。

情報発信元

お問い合わせ

富山県高岡警察署
電話:0766-23-0110