富山県警察ホームページ メニューを飛ばして本文へ


検索


本文

富山県警察ホーム > 富山県射水警察署 > 犯罪被害者等への支援について

犯罪被害者等への支援について

最終更新日:2017年10月12日

1 被害者支援とは

 警察が行う活動のうち、犯罪や事故などの被害に遭われた方やそのご家族の方々に対して、相談の受理や捜査状況の説明、診療費等の公費負担などを行い被害により生じる各種負担の軽減を図る支援活動です。
※ 犯罪や事故の内容により、支援の対象とならない場合があります。

2 主な支援の内容

○ 被害者支援員等による支援
 ・ 病院等の手配、事情聴取、犯罪現場の再確認(実況見分)等への付き添い 
 ・ 各種相談及び相談機関、カウンセリング機関等の紹介
 ・ 民間被害者支援団体(公益法人とやま被害者支援センター)等への紹介・引き継ぎ
 ・ 捜査手続き、捜査状況等の説明
   ※犯罪や事故の内容により、説明できる内容が制限される場合があります。

○ 公費による経済的支援
 ア 初診料等の費用
  ・ 「診断書」、「死体検案書」等の文書料
  ・ 初診料・初回処置料(投薬料含む)
    ※原則として保険診療にかかる自己負担分が対象となります。
  ・ 緊急避妊措置料、人工妊娠中絶手術料
  注:犯罪や事故の内容によっては、適用されない場合があります。

 イ 一時保護施設使用料
   犯罪被害により、被害者等が自宅に帰宅できない又は帰宅させることが適当でなく
  緊急かつ一時的に保護施設として宿泊施設を使用する場合の使用料
   ※宿泊施設利用料のみ、飲食費・通信費などその他費用は対象外です。

 ウ カウンセリング費用
   被害者等が精神的被害回復のため、精神科医等専門家を受信した際に要した診療料
  やカウンセリング料

 エ 犯罪被害現場のハウスクリーニング費用
   犯罪被害現場となった被害者等の自宅の清掃費用。
   ※犯罪行為によって破損した建具、家具等の交換、修理費用は含まれません。
    また、犯罪の内容によっては、適用されない場合があります。

3 国が行う給付金制度

○ 犯罪被害者等給付金
  通り魔殺人等の故意の犯罪行為により不慮の死亡・重傷病又は障害という重大な被害
 を受けた被害者又は遺族に対して、その精神的・経済的打撃の緩和を図るため、国が犯
 罪被害者等給付金を支給する制度です。
 ・ 給付金の種類
   ア 遺族給付金 イ 重傷病給付金 ウ 障害給付金
   ※不支給や減額となる場合があります。

○ オウム真理教犯罪被害給付金
○ 国外犯罪被害弔慰金

 【問い合わせ先】
   富山県警察本部警察相談課被害者支援係
   電話 076-441-2211 内線2192,2193

4 公益社団法人とやま被害者支援センターのご紹介

 富山県公安委員会が指定する民間の犯罪被害等早期援助団体で、犯罪や事故などの被害に遭った方やそのご家族・ご遺族に必要な支援を行い、精神的苦痛を和らげ、その回復の手助けを行うことを目的としています。

 【主な活動】
  ・ 電話や面接相談、犯罪被害給付金制度などの紹介や関係機関・団体への紹介
  ・ 相談者の要望に応じ、警察や裁判所、病院等への付き添い、各種手続きの手伝い
  ・犯罪被害によるショックや疲れから、外出できないなど苦痛や負担への支援

 【問い合わせ先】
  ・所 在 地 富山市牛島町5番7号(JR富山駅北口より徒歩5分)
  ・電  話 076−413−7830
  ・受付時間 10:00〜16:00 月〜金 (祝祭日、年末年始を除く)

【 情報発信元 】
富山県射水警察署 電話:0766-83-0110  [ お問い合わせフォーム
Adobe Reader< PDFファイルをご覧いただけない場合 >
左記のボタンのリンク先から「Adobe Reader」をダウンロードしてください(無料)。

情報発信元

お問い合わせ

富山県射水警察署
電話:0766-83-0110