富山県警察ホームページ メニューを飛ばして本文へ


検索


本文

富山県警察ホーム > 富山県富山南警察署 > 富山南警察署協議会開催結果(平成26年度) > 第3回会議(平成27年2月19日)

富山南警察署協議会開催結果(平成26年度)

最終更新日:2015年6月13日

第3回会議(平成27年2月19日)

1 開催日時
  平成27年2月19日(木)
  午後1時30分から午後3時15分までの間

2 開催場所
  富山南警察署3階講堂

3 出席者
  委員 4名
  警察署 署長以下7名
  
4 開催状況
 (1)会長挨拶
 
 (2)署長挨拶
 
 (3)警察署運営状況等の説明
 《刑事課関係》
  ・犯罪の認知・検挙状況 
  ・非行少年・不良行為少年の補導状況
  ・保護状況
  ・犯罪抑止対策推進状況
 《地域課関係》
  ・山岳遭難の発生状況と山岳警備隊の活動
  ・水難事故発生状況
  ・110番受理状況
 《交通課関係》
  ・県内の交通事故発生状況
  ・県内の死亡事故の特徴
  ・富山南警察署の地区別発生状況
 《警備課関係》
  ・空港警備状況
  ・危機管理体制の構築に向けた取り組み
 《警務課関係》
  ・警察安全相談受理状況

5 鑑識活動の実演
   鑑識係長による指紋及び足跡採取(グレー粉末による指紋採取等)の実演を行なった。

6 質疑・意見等
  委員:入山届の義務化はないのか?
     登山者のためにも権威あるものにするよう働きかけてはどうか?
  警察:法律で決まっておらず、各県の条例で定めているため、各県でばらつきがある。
     登山者の行動を把握でき、事故が発生した場合に早期救助につながるので、検討し
    ていかなければならない。

  委員:保護には、高齢者の保護以外どのようなものがあるのか?
  警察:子供の迷子や泥酔者の保護がある。

  委員:認知症等症の高齢者の行方不明事案が今後も増加することが予想されるが、警察だ
    けでなく他のネットワーク的な組織との提携を図ってはどうか?
  警察:要保護行方不明者の捜索は、夜間であれば署員を招集して捜索したり、隣接する警
    察署への手配、ラジオ等での放送依頼、警察犬による捜索等を行なっている。
     今後も早期発見できるようあらゆる方法を検討していきたい。

  委員:新幹線が開業することで、署員が増員になることはあるのか?
  警察:警察官の定員については決められているので、署員が増員になることはない。


  委員:愛知県で斜めに横断歩道をつけたことが話題となったが、今後普及するのか?
  警察:斜め横断歩道については、本当に効果があるものか検証が必要である。

【 情報発信元 】
富山県富山南警察署 警務課 電話:076-467-0110  [ お問い合わせフォーム
Adobe Reader< PDFファイルをご覧いただけない場合 >
左記のボタンのリンク先から「Adobe Reader」をダウンロードしてください(無料)。

情報発信元

お問い合わせ

富山県富山南警察署 警務課
電話:076-467-0110