富山県警察ホームページ メニューを飛ばして本文へ


検索


本文

富山県警察ホーム > 警察本部 生活安全部 少年課 > 少年サポートセンター > どんなことをしているの?

少年サポートセンター

最終更新日:2012年11月13日

どんなことをしているの?

街頭補導活動

街頭補導警察官、少年警察補導員、民間ボラ
ンティアの少年補導員などが連携し
て、 繁華街や公園などの少年のたま
り場となりやすい場所を重点に街頭補
導活動を行いながら、街頭での飲酒、
喫煙、 深夜はいかいなどの不良行為
や問題行動の段階で、少年に対して適
切な助言や指導を行っています。
 また、街頭補導活動などによって分
かった不良行為少年について、保護者
の同意を得て、立ち直りのための 継
続的な支援を行っています。
 

(少年警察補導員による街頭補導活
動)

被害少年支援活動

支援活動少年警察補導員などが関係機関・団体
と積極的に連携して、性犯罪や いじめな
どの被害を受けた少年に対し、精神的ダ
メージの回復やその軽減に向けた継続的
な支援活動を 行っております。
 

(被害少年宅への家庭訪問)

少年相談活動

電話相談非行問題、交友問題、学校問題な
ど少年の悩みや困りごとを解決する
ため、少年サポートセンターや警察
署の少年係などが窓口となって、少
年警察補導員などが必要な指導や助
言を行っています。
 また、電子メールや電話による相
談窓口を開設しており、少年や保護
者などからいろいろな相談を受けて
います。

 

(ヤングテレホンコーナーでの電話相談)

広報啓発活動

広報警察では、社会のルールを教えた
り、少年を健全に育成するため、地
域でフォーラムなどを開催したり、
関係機関・団体、地域住民の皆さん
に対して広報啓発活動を積極的に行
っています。
 

(働くお父さんのための非行防止出前教室)

民間ボランティアとの連携による非行防止活動

ボランティア警察では、少年の非行を防止し、
その健全育成を図るため、委嘱した
民間ボランティアの少年補導員、少
年指導委員、少年警察協助員、少年
サポーターと連携して、街頭補導活
動、環境浄化活動などを始めとする
幅広い非行防止活動を行っていま
す。
 

(民間ボランティアの皆さんと街頭活動)

薬物乱用防止教室や少年非行防止教室などの開催

サポート号少年が薬物の危険性や有害性につ
いて正しい知識を身に付けるよう
に、少年警察補導員、少年担当警察
官などを学校や地域社会に派遣して
薬物乱用防止教室や少年非行防止教
室などを開催しています。
 開催に当たっては、薬物乱用防止
広報車「元気っ子とやまサポート
号」を活用し、視聴覚に訴えた効果
的な実施に努めています。
 ご希望があれば、所轄警察署を通
じてご連絡をして下さい。

 

(薬物乱用防止広報車「元気っ子とやまサポー
ト号」による薬物乱用防止教室)

【 情報発信元 】
警察本部 生活安全部 少年課 電話:076-441-2211  [ お問い合わせフォーム
Adobe Reader< PDFファイルをご覧いただけない場合 >
左記のボタンのリンク先から「Adobe Reader」をダウンロードしてください(無料)。

情報発信元

お問い合わせ

警察本部 生活安全部 少年課
電話:076-441-2211