富山県警察ホームページ メニューを飛ばして本文へ


検索


本文

富山県警察ホーム > 警察本部 交通部 交通指導課 > 交通違反の反則金Q&A

交通違反の反則金Q&A

最終更新日:2016年3月2日

Q1 交通違反の反則金は、どのように使われますか?

A 交通違反で納められた反則金は、国庫金として国に集められます。
 この国庫金は、交通人身事故の件数、人口、道路延長等により計算さ
れた交付割合に応じて、全国の都道府県及び市町村に、「交通安全対策
特別交付金」として交付されます。
 「交通安全対策特別交付金」は、信号機、道路標識、歩道、道路反射
鏡等の交通安全施設の設置や救急自動車の購入等にのみ使用され、交通
安全の目的の外には使用できません。
 交通違反で納められた反則金は、交通事故防止のために役立てられて
いるのです。

Q2 反則金納付書の納付期限が切れた場合は?(富山県内で違反された場合)

A1 取締りを受け、交通反則告知書(水色)とともに受け取った反則金納付書(仮納付用)の期限が切れた場合(1回目)
 富山県内にお住まいの方は、「交通反則告知書」(水色)の「(8)出頭」欄に書いてある「日時・場所」の交通反則通告センターにお越しください。

交通反則告知書の赤丸で囲んだ欄が出頭欄

切符写真 違反内容を確認していただく「交通反則通告書」(桃色)と10日間の
納付期限の「納付書」をお渡しします。この期限内に最寄りの金融機関
で反則金を納めてください。
 出頭されなかった方及び富山県外にお住まいの方につきましては、取締りの日から5〜7週間後に、交通反則通告書及び納付書を書留郵便で郵送します。
(この場合、反則金に郵送料822円が加算されます。)

A2 交通反則通告書と同時に受け取った納付書の期限が切れた場合(2回目)

 富山県交通反則通告センター に直接お問い合わせくだ さい。




A3 富山県外で取締りを受け反則金納付書の期限が切れた場合
 取締りを受けた都道府県の交通反則通告センターに直接お問い合わせください。

Q3 交通反則通告センターは、どこにあるの?

A 富山県交通反則通告センターは、富山県庁敷地内にあ る富山県警察本部の1階にあります。
  なお、隔週の火曜日には、高岡警察署の2階に通告セ ンター高岡支所を開きますのでお尋ねください。

◇ 富山県交通反則通告センター(富山県警察本部1階)
  〒930−8570
   富山県富山市新総曲輪1番7号
     (076)442−2615
      開設時間 平日(月〜金)の 8:30〜17:15

◇ 富山県交通反則通告センター高岡支所(高岡警察署2階)
  〒933−0911
   富山県高岡市あわら町1番5号
     (0766)23−0110
      開設時間 隔週火曜日の 10:00〜11:00

交通反則告知書の裏面に地図があります。

通告センター地図

【 情報発信元 】
警察本部 交通部 交通指導課 電話:076-441-2211  [ お問い合わせフォーム
Adobe Reader< PDFファイルをご覧いただけない場合 >
左記のボタンのリンク先から「Adobe Reader」をダウンロードしてください(無料)。

情報発信元

お問い合わせ

警察本部 交通部 交通指導課
電話:076-441-2211