富山県警察ホームページ メニューを飛ばして本文へ


検索


本文

富山県警察ホーム > 警察本部 生活安全部 生活環境課 > 刃物犯罪の防止にご協力を

刃物犯罪の防止にご協力を

最終更新日:2019年1月15日

法律上の規制

 銃砲刀剣類所持等取締法では、原則として、刃体の長さが6センチメートルを超える刃物を正当な理由なく携帯することが禁止されています。
 刃体の長さが6センチメートル以下でも所持の形態によっては、軽犯罪法違反になります。

正当な理由とは(一例)

○ 料理人が料理に使用するために包丁を携帯する。
○ 家で使うために、ホームセンターでカッターナイフを購入し、家まで携帯する。
○ 登山者が登山中に登山ナイフを携帯する。

少年には

○ 「正当な理由なく刃物を持ち歩くことは犯罪である」と、しっかりと教えましょう。
○ 少年の持ち物に関心を持ち、非行の兆しは早いうちに発見し、その都度、諭しましょう。
○ 刃物を携帯したり、ちらつかせている少年等を見かけたときは、見逃さず、すぐに
 110番するか、交番・駐在所に連絡してください。

刃物を取り扱う店舗の方は

○ 販売するときは、少年の年齢や使用目的、親の同意を確認してください。
○ 少年に対して、正当な理由がなく刃物を持ち歩くことは法律に触れることを指導して
 ください。

ナイフはダメの絵

【 情報発信元 】
警察本部 生活安全部 生活環境課 電話:076-441-2211  [ お問い合わせフォーム
Adobe Reader< PDFファイルをご覧いただけない場合 >
左記のボタンのリンク先から「Adobe Reader」をダウンロードしてください(無料)。

情報発信元

お問い合わせ

警察本部 生活安全部 生活環境課
電話:076-441-2211