富山県警察ホームページ メニューを飛ばして本文へ


検索


本文

富山県警察ホーム > 警察本部 生活安全部 生活安全企画課 > 富山県迷惑行為等防止条例の一部改正について 〜平成29年9月1日施行〜

富山県迷惑行為等防止条例の一部改正について 〜平成29年9月1日施行〜

最終更新日:2017年7月5日

 公衆に著しく迷惑をかける暴力的不良行為等の防止に関する条例は、昭和38年に刑法等で取り締まることのできない小暴力や暴力的迷惑行為を規制し、県民の平穏な日常生活を保持することを目的として制定されました。
 しかしながら、近年、スマートフォンの急速な普及や小型カメラの高性能化、SNS等の新たな通信手段が広く日常生活に浸透するなど、社会環境の変化により、現行条例では充足しない新たな類型の迷惑行為が発生していることから、必要な改正を行いました。
 改正条例を効果的に運用できるよう、県民の皆様や関係機関・団体等のご理解・ご協力をお願いいたします。

◆条例名を「富山県迷惑行為等防止条例」に改正

 条例名を、わかりやすく改めます。

◆盗撮行為に関する「禁止行為」の追加

画像1 人の下着等を「盗撮する目的」でカメラ等を「人に向ける行為」や「設置する行為」を新たに規制します。

◆盗撮行為に関する「禁止場所」の拡充

画像2 下着等の盗撮、下着等の「盗撮目的」でカメラ等を人に向ける行為や設置する行為の規制場所を、従来の「公共の場所・乗物」等に加え、会社の事務所や学校の教室等、特定又は多数の者が利用するような場所等まで拡充します。

◆「嫌がらせ行為の禁止」規定の新設

画像3 ストーカー規制法で規制されていない、恋愛事情に基づかない正当な理由がなく反復して行われる、つきまとい等の「嫌がらせ行為」を新たに規制します。

〇 これらに違反した場合は、6月以下の懲役、50万円以下の罰金になります。(常習者として違反した場合は、1年以下の懲役、100万円以下の罰金)

【 情報発信元 】
警察本部 生活安全部 生活安全企画課 電話:076-441-2211  [ お問い合わせフォーム
Adobe Reader< PDFファイルをご覧いただけない場合 >
左記のボタンのリンク先から「Adobe Reader」をダウンロードしてください(無料)。

情報発信元

お問い合わせ

警察本部 生活安全部 生活安全企画課
電話:076-441-2211