富山県警察ホームページ メニューを飛ばして本文へ


検索


本文

富山県警察ホーム > 警察本部 生活安全部 生活安全企画課 > ストーカー対策

ストーカー対策

最終更新日:2017年1月14日

3. ストーカー対策の基本

イラスト《ストーカー対策の基本指針》
 ○早期に手を打つ
  ストーカーの目的は、あなたのプライベートのすべてを知ることです。
  自分の個人情報が全て盗まれる前に、その解決策をまず考えましょう。

 ○個人情報の管理はしっかりと
  公共料金の明細書など、氏名、電話番号、住所がわかるものは細かく破いてから捨てましょう。
  また、ブログやSNS等インターネット上でもストーカーは簡単にあなたの情報を検索することができます。個人情報の書き込みには十分注意しましょう。

 ○断固拒否の姿勢を示す
  ストーカーは、狙った相手との感情的なつながりを特に求めています。
  決して、優しさを見せてはいけません。犯罪をエスカレートさせるだけです。

 ○一人で悩まない
  ストーカー犯罪は、自分だけで解決できる問題ではありません。被害が深刻になる前に、警察をはじめ、信頼できる人に早めに相談しましょう。

 ○被害にあったら記録を残す
  犯罪を立証するには証拠が必要です。
  ささいなことでも、内容や月日、時刻をメモし、保存しておきましょう。

《早期解決のために》

 被害の拡大を防止し、あなたの不安を早期に解決するためにも、ストーカー被害の状況がわかる資料があれば、警察への相談の際に持参して下さい。
 例えば、
 ○つきまとい等をされた日時・場所・車両ナンバー等をメモした手帳 
 ○嫌がらせ電話がかかってきた日時、その内容を録音したテープ
 ○相手から送られてきたメールやSNS、画像等が保存されている携帯電話 
 ○相手から送られてきた手紙、写真、小包など  
 ○ホームページ等の掲載内容や電子メールを保存したUSBや、その内容を印刷したもの 
 などです。
 
《警察の援助とは》

 ストーカー被害からあなたを守るためには、あなた自身の強い意思と家族等の協力が不可欠であり、警察としても、できる限り自衛のための援助を行います。
 例えば、
 ○ストーカー被害にあわないためのアドバイス
 ○相手に対する対応方法のアドバイス
 ○他の機関、団体の紹介
 ○防犯ブザー等の防犯機器の貸出

 などを行います。

【 情報発信元 】
警察本部 生活安全部 生活安全企画課 電話:076-441-2211  [ お問い合わせフォーム
Adobe Reader< PDFファイルをご覧いただけない場合 >
左記のボタンのリンク先から「Adobe Reader」をダウンロードしてください(無料)。

情報発信元

お問い合わせ

警察本部 生活安全部 生活安全企画課
電話:076-441-2211

関連ファイル