富山県警察ホームページ メニューを飛ばして本文へ


検索


本文

富山県警察ホーム > 警察本部 刑事部 捜査第二課 > 特殊詐欺被害・未遂・前兆事案の報道一覧(平成28年) > 登録削除をめぐるトラブル解決名目の特殊詐欺(なりすまし詐欺)被害の発生について(2月2日)

特殊詐欺被害・未遂・前兆事案の報道一覧(平成28年)

最終更新日:2017年1月17日

登録削除をめぐるトラブル解決名目の特殊詐欺(なりすまし詐欺)被害の発生について(2月2日)

登録削除をめぐるトラブル解決名目の特殊詐欺(なりすまし詐欺)被害の発生について(富山中央署)

1 発生日
  1月20日頃から1月29日までの間

2 被害者
  富山市在住のA(80歳代・女性)

3 被害品
  キャッシュカード2枚

4 事案の概要
(1) 1月20日頃、Aさん宅に、男から電話がかかり、「あなたは、うちの会社に登録されている。3月に更新を迎えるので連絡した。」等と言われた。
   思い当たりがなかったAさんは、登録した覚えがないから登録を取り消してほしい旨を同男に伝えたところ、「それではこちらで引継ぎ先を探す。」等と言われ、同男の言うことを信用した。
(2) Aさん宅に、再び同男から電話がかかり、「引継ぎ先が決まった。大阪に住むイガラシさんである。イガラシさんに連絡してほしい。」等と言われ、電話番号を告げられたことから、Aさんは、同電話番号に電話をかけたところ、イガラシと名乗る男が応対し、「引継ぎのことは分かりました。」等と言われた。
(3) その後、数日間に亘り、Aさん宅に、複数の男らから電話がかかり、「会社に登録している人だけに販売している放射能を除去する機械がある。このことをイガラシに伝えてほしい。」「放射能の機械を買うには、あなたの登録番号を教えてほしい。」「あなたが登録番号を勝手に教えたことで大変なことになっている。罰金を支払わなければならない。」「弁護士に頼んでお金を支払わなくてもいいようにする。」等と言われた。
  更に、Aさん宅に、弁護士のクニマツと名乗る男から電話がかかり、「あなたがお金を支払わなくてもいいようにするには、キャッシュカードと暗証番号が必要である。」「今からキャッシュカードを取りに行く。」等と言われ、Aさんは、1月29日、自宅を訪れた男にキャッシュカード2枚を手渡した。
(4) Aさんは、キャッシュカードを男に手渡した後、知人に相談したところ、詐欺の被害に遭っていたことが分かり、当署へ届け出たもの。

5 特に注意喚起していただきたい事項
○ 一方的に「あなたの名前が登録されている。」「登録の引継ぎ先を探す。」等と、ありもしない事実を告げるのは、特殊詐欺の手口です。
  後で、様々な口実を付けて、次々と金銭を要求してきますので、毅然と拒否して下さい。
○ 不審な電話があった場合は、一人で悩まず、警察へ相談してください。

【 情報発信元 】
警察本部 刑事部 捜査第二課 電話:076-441-2211  [ お問い合わせフォーム
Adobe Reader< PDFファイルをご覧いただけない場合 >
左記のボタンのリンク先から「Adobe Reader」をダウンロードしてください(無料)。

情報発信元

お問い合わせ

警察本部 刑事部 捜査第二課
電話:076-441-2211