富山県警察ホームページ メニューを飛ばして本文へ


検索


本文

富山県警察ホーム > 警察本部 刑事部 捜査第二課 > 特殊詐欺被害・未遂・前兆事案の報道一覧(平成28年) > 北海道原野の売買をめぐる特殊詐欺(なりすまし詐欺)被害の発生について(2月26日)

特殊詐欺被害・未遂・前兆事案の報道一覧(平成28年)

最終更新日:2017年1月17日

北海道原野の売買をめぐる特殊詐欺(なりすまし詐欺)被害の発生について(2月26日)

北海道原野の売買をめぐる特殊詐欺(なりすまし詐欺)被害の発生について(富山西署)

1 発生日
  平成27年4月上旬から同年5月20日までの間

2 被害者
  富山市在住のA(70歳代・男性)

3 被害総額
  826万円

4 事案の概要
(1) 平成27年4月上旬、Aさん宅に、B不動産の福永と名乗る男から電話がかかり、「あなたが所有している土地を400万円位で買いたい人がいる。売ってほしい。」等と言われた。
  Aさんは、過去に北海道の原野を購入していたことがあったため、同男の言うことを信用し、売ってもいい旨を答えた。
(2) 4月中旬、Aさん宅に、B不動産から土地売買に関する資料等が在中した封筒が届き、さらに数日後、福永と名乗る男から電話がかかり、「地面を買うとき、土地の測量をする必要があり、測量代金を振り込んでほしい。振込代金は、土地を購入した際、まとめて買主のオガタという男が支払うため、27万円を立て替えてほしい。」等と言われた。
  Aさんは、4月23日、同男の指示に従って、指定された口座に現金27万円を振り込んだ。
(3) その後も、Aさん宅に、福永と名乗る男から複数回電話がかかり、「地盤の修正代金や見積代金の訂正でお金を振り込んでほしい。」「土地を宅地に変更するためにお金を振り込んでほしい。」等と言われ、4月30日から5月20日までの間、同男の指示に従って、6回にわたり、現金合計799万円を振り込んだ。
(4) Aさんがお金を振り込んだ後も、さらに福永と名乗る男からお金を支払うように言われたことから、親戚に相談したところ、詐欺被害に遭っていると指摘を受け、当署へ届け出たもの。
 ※ 当該口座については、当署から金融機関に対して、口座凍結依頼を実施済み。

5 特に注意喚起していただきたい事項
○ 不審な電話や郵便物等があった場合は、一人で悩まず、警察へ相談してください。

【 情報発信元 】
警察本部 刑事部 捜査第二課 電話:076-441-2211  [ お問い合わせフォーム
Adobe Reader< PDFファイルをご覧いただけない場合 >
左記のボタンのリンク先から「Adobe Reader」をダウンロードしてください(無料)。

情報発信元

お問い合わせ

警察本部 刑事部 捜査第二課
電話:076-441-2211