富山県警察ホームページ メニューを飛ばして本文へ


検索


本文

富山県警察ホーム > 警察本部 刑事部 捜査第二課 > 特殊詐欺被害・未遂・前兆事案の報道一覧(平成27年) > 市役所職員等をかたる特殊詐欺(なりすまし詐欺)未遂事案の発生について(3月21日)

特殊詐欺被害・未遂・前兆事案の報道一覧(平成27年)

最終更新日:2016年1月11日

市役所職員等をかたる特殊詐欺(なりすまし詐欺)未遂事案の発生について(3月21日)

市役所職員等をかたる特殊詐欺(なりすまし詐欺)未遂事案の発生について(捜査第二課)

1 発生日
  3月18日及び3月19日

2 被害者及び関係者
(1) 高岡市在住のA(70歳代・女性)
(2) 富山市在住のB(70歳代・女性)

3 事案の概要
(1) 3月18日午後1時20分頃、Aさん宅に、高岡市役所のヤマダと名乗る男から電話がかかり、「はがき等で2万1,000円の還付金があることを再三連絡しているが、Aさんから何も連絡をもらっていない。本来であれば、窓口で還付金を渡していたが、期限を過ぎたので、窓口では渡せない。ATMであれば渡せるので、通帳やキャッシュカードを持って、ショッピングセンターのATMへ行ってほしい。」「どこの金融機関の口座に振り込めばよいか。携帯電話番号を教えてほしい。」等と言われたことから、Aさんは、普段利用しているC銀行の支店名と携帯電話番号を告げた。
  更に同男から、「ATMへ到着したら、C銀行のフリーダイヤルに電話をかけ、担当のヤマモトと連絡を取ってほしい。」等と言われ、フリーダイヤル番号を告げられた。
  同日午後2時頃、Aさんが当該ショッピングセンターへ到着し、フリーダイヤルに電話をかけたところ、ヤマモトと名乗る男から、「通帳の残高を教えてほしい。付近に人はいるか。通帳をATMに入れてほしい。」等と言われた。
  Aさんが、ヤマモトの質問に対して、口座の残高や周囲に人がたくさんいることなどを答えていたところ、ATMの順番待ちをしていた男性が、Aさんに詐欺ではないのかと注意を促した。
  Aさんは、人から注意を受けている状況を察したヤマモトから、「これで還付金が入ったはずである。」等と言われ、ATMの操作をしないうちに電話が切れた。
  その後、Aさんが、C銀行へ確認したところ、被害には遭っていなかったが、詐欺である旨指摘され、同行行員が警察に通報したもの。
(2) 3月19日午前10時頃、Bさん宅に、D銀行総合コールセンターのヤマモトと名乗る男から電話がかかり、「過去5年間をさかのぼり、医療費の還付金がある。2月までに手続するよう市役所からはがきが届いていたはずであるが、手続されていないので連絡した。」「コンビニエンスストアのATMへ行ってほしい。その際、店員と会話をしないでほしい。到着したら、今から言うフリーダイヤルに連絡してほしい。携帯電話を持っているか。」等と言われ、Bさんは、フリーダイヤル番号を告げられるとともに携帯電話番号を告げた。
  更に、同男から、「50万円以上預貯金がある通帳は、持っているか。」等と言われたことから、Bさんが持っている旨答えたところ、「午前10時15分までにコンビニエンスストアへ行ってほしい。」等と言われた。
  Bさんは、同男の指示に従って、近所のコンビニエンスストアへ行こうとしたが、同男の言動を不審に思い、金融機関に相談したところ、詐欺である旨指摘され、同金融機関職員が警察に通報したもの。

4 特に注意喚起していただきたい事項
○ 官公庁の職員を名乗り、「以前、案内を出したが届いていないか。」等と、いきなり電話をかけたのではないことを強調し、信用させた上で、ATMで手続をさせようとするのは、特殊詐欺の手口です。
○ 電話で個人情報を質問された場合は、即答せずに、当該職員の所属と氏名を確認し、一度電話を切ってから、改めて当該官公庁の代表電話番号に電話をかけるなどして、だまされないように注意してください。
○ ATMでお金が返ってくることは絶対にありませんので、還付金等の手続のためにATMへ行くよう指示されたら、全て詐欺だと見破ってください。
○ 不審な電話があった場合は、一人で悩まず、警察へ相談してください。

【 情報発信元 】
警察本部 刑事部 捜査第二課 電話:076-441-2211  [ お問い合わせフォーム
Adobe Reader< PDFファイルをご覧いただけない場合 >
左記のボタンのリンク先から「Adobe Reader」をダウンロードしてください(無料)。

情報発信元

お問い合わせ

警察本部 刑事部 捜査第二課
電話:076-441-2211