富山県警察ホームページ メニューを飛ばして本文へ


検索


本文

富山県警察ホーム > 警察本部 刑事部 捜査第二課 > 特殊詐欺被害・未遂・前兆事案の報道一覧(平成27年) > 金融商品取引をめぐる特殊詐欺(もうかるちゃ詐欺)被害の発生について(6月23日)

特殊詐欺被害・未遂・前兆事案の報道一覧(平成27年)

最終更新日:2016年1月11日

金融商品取引をめぐる特殊詐欺(もうかるちゃ詐欺)被害の発生について(6月23日)

金融商品取引をめぐる特殊詐欺(もうかるちゃ詐欺)被害の発生について(富山西署)

1 発生日
  5月下旬から6月13日までの間

2 被害者
  富山市在住のA(70歳代・女性)

3 被害総額
  606万4,000円

4 事案の概要
(1) 4月下旬、Aさん宅に、株式会社東洋電光からパンフレット等が在中する封筒が届いた後、同社のホソダと名乗る男から電話がかかり、「当社のパンフレットが届いていないか。当社は、東北地方で太陽光事業を行う予定であり、株が公開されれば、20倍かそれ以上の価値になる。」「当社の代表取締役は、富山市出身であり、富山市に貢献したいと考えている。」「その株を購入する権利が富山市内で45名の方だけに与えられ、あなたはその45名のうちの1名に当選した。」等と言われた。
  また同時期に、B社やC社の社員とかたる男らから電話がかかり、「東洋電光のパンフレットが届いていないか。」「株を数倍で買い取る。」等と言われた。
(2) Aさんは、東洋電光の未公開株を購入するため、6月4日、東洋電光のホソダの指示に従って、手数料として現金3万2,000円を指定された東京都内の宛先に送付した。
(3) 6月8日、Aさんは、金融機関で現金600万円を用意した後、自宅を訪れた東洋電光の宮下と名乗る男に対し、その現金600万円を手渡した。
(4) 6月13日、Aさんは、追加で未公開株を購入するため、再び手数料として現金3万2,000円を東洋電光のホソダが指定した東京都内の宛先に送付した。
(5) その後、Aさん宅に、他県警から、「捕まえた振り込め詐欺の犯人が持っていた名簿の中にあなたの名前があった。」等と電話を受けたことから、事情を説明したところ、詐欺被害に遭っていたことが分かり、当署へ届け出たもの。
※ 東京都中央区を所在地とする「株式会社東洋電光」は、商業登記がない。

5 特に注意喚起していただきたい事項
○ 社債取引に関するパンフレットを送り付けた後、「株を購入する権利があなたに当選した。」「株を購入してもらえば、高値で買い取る。」等と電話をかけるのは、特殊詐欺の手口です。
  「必ずもうかる。」という話はありえないので、冷静に考え、決して応じないで下さい。
○ 不審な電話や郵便物等があった場合は、一人で悩まず、警察へ相談してください。

【 情報発信元 】
警察本部 刑事部 捜査第二課 電話:076-441-2211  [ お問い合わせフォーム
Adobe Reader< PDFファイルをご覧いただけない場合 >
左記のボタンのリンク先から「Adobe Reader」をダウンロードしてください(無料)。

情報発信元

お問い合わせ

警察本部 刑事部 捜査第二課
電話:076-441-2211