富山県警察ホームページ メニューを飛ばして本文へ


検索


本文

富山県警察ホーム > 警察本部 刑事部 捜査第二課 > 特殊詐欺被害・未遂・前兆事案の報道一覧(平成27年) > 社債の購入をめぐる特殊詐欺(なりすまし詐欺)被害の発生について(9月1日)

特殊詐欺被害・未遂・前兆事案の報道一覧(平成27年)

最終更新日:2016年1月11日

社債の購入をめぐる特殊詐欺(なりすまし詐欺)被害の発生について(9月1日)

社債の購入をめぐる特殊詐欺(なりすまし詐欺)被害の発生について(富山中央署)

1 発生日
  平成27年7月28日頃から8月14日までの間

2 被害者
  富山市在住のA(70歳代・女性)

3 被害総額
  400万円

4 事案の概要
(1) 平成27年7月28日頃、Aさん宅に、B社のアサノと名乗る男から電話がかかり、「過去に詐欺被害に遭った人たちのドキュメンタリー番組を作ることになった。Aさんが取材の対象者に選ばれたので、資料を送る。」等と言われた。
  Aさんは、過去に詐欺被害に遭ったことがあったため、アサノの説明に納得し、アサノから送られてきた資料を確認することにした。
(2) 8月2日頃から8月10日頃までの期間、アサノから数回にわたって電話がかかり、「こちらで調査したところ、Aさんは2,000万円くらいの被害に遭っていることがわかった。」「番組のために取材に応じてもらえれば、被害に遭ったお金の一部が戻ってくる。」「番組のスポンサーが決まったが、スポンサーをしてもらう条件として、AさんにC社の社債を購入してもらう必要がある。」「C社の社債は、1口100万円で、10口分を購入してほしい。」「1,000万円を用意するのは大変だと思うので、できる限り支払ってもらえれば、残りはこちらで立て替える。」等と言われ、現金の振込先口座を教えられた。
(3) 8月11日、Aさんはアサノの指示に従って、当該預金口座に300万円を振込送金した後、8月14日、さらに同口座に100万円を振込送金したが、8月15日、アサノの上司を名乗る男から電話がかかり、「アサノがAさん名義でお金を振り込んだことで、逮捕された。アサノを釈放するには、お金が必要だ。」等と言われた。
(4) Aさんは、アサノが逮捕されたと聞いて驚き、8月15日以降、B社と連絡を取らなかったが、8月31日、金融機関からAさん宅に届いていた不審な勧誘電話への注意を喚起するチラシを見て、詐欺に遭ったのではないかと思い、金融機関に相談した後、当署へ相談に訪れたもの。
※ 当該振込送金先口座については、当署から金融機関に対して、口座凍結依頼を実施済み。

5 特に注意喚起していただきたい事項
○ 「過去に詐欺被害に遭ったお金を返金する。」などと言い、お金を振り込ませた後、被害者に対して、トラブル解決を名目にさらに現金をだまし取るのは特殊詐欺の手口です。
○ 犯行グループは、実在する会社名をかたって被害者を信じ込ませようとするので、注意してください。
○ 不審な電話があった場合は、一人で悩まず、警察へ相談してください。

【 情報発信元 】
警察本部 刑事部 捜査第二課 電話:076-441-2211  [ お問い合わせフォーム
Adobe Reader< PDFファイルをご覧いただけない場合 >
左記のボタンのリンク先から「Adobe Reader」をダウンロードしてください(無料)。

情報発信元

お問い合わせ

警察本部 刑事部 捜査第二課
電話:076-441-2211