富山県警察ホームページ メニューを飛ばして本文へ


検索


本文

富山県警察ホーム > 警察本部 刑事部 捜査第二課 > 特殊詐欺被害・未遂・前兆事案の報道一覧(平成27年) > ウェブサイトの利用料金未納をめぐる特殊詐欺(なりすまし詐欺)被害の発生について(10月22日)

特殊詐欺被害・未遂・前兆事案の報道一覧(平成27年)

最終更新日:2016年1月11日

ウェブサイトの利用料金未納をめぐる特殊詐欺(なりすまし詐欺)被害の発生について(10月22日)

ウェブサイトの利用料金未納をめぐる特殊詐欺(なりすまし詐欺)被害の発生について(魚津署)

1 発生日
  10月15日から10月20日までの間

2 被害者
  魚津市在住のA(50歳代・女性)

3 被害総額
  554万円

4 事案の概要
(1) 10月15日、Aさんの携帯電話に、見知らぬ携帯電話番号から着信履歴があったことから、電話をかけ直したところ、B社のウエキと名乗る男が応対し、「8月9日に閲覧したウェブサイトの登録料金が支払われていない。このまま支払わないのであれば、身辺調査を開始する。退会するのであれば、登録料25万円を今日中に支払ってほしい。」等と言われた。
  Aさんは、同男の話を信用し、同男が指定した口座に現金25万円を振り込んだ。
(2) 10月16日、再び同男から電話がかかり、「退会手続を行ったが、他にも3つのウェブサイトに登録されていて、その登録料金も支払われていない。1つのサイトで25万円の登録料金なので、3つで合計75万円になる。」等と言われ、Aさんは、同日、男が指定した口座に現金75万円を振り込んだ。
(3) Aさんが現金75万円を振り込んだ後、同男から「あなたが登録したウェブサイトで違約金が発生している。しかし、この違約金は、保険の適用があるので、免除される可能性がある。」等と言われた。
  その後、C社のササキと名乗る男から電話がかかり、「あなたは、他のウェブサイトの登録料金も未払いである。警察沙汰になり、身辺調査が始まる。しかし、私が間に入り、交渉すれば問題はない。」「登録料金と違約金を支払わなければならないが、保険が適用され、支払ったお金のうち、90パーセント分が戻ってくる。まずは、登録料金99万円を振り込んでほしい。」「次に違約金300万円を支払ってほしい。」「海外のウェブサイトに登録されていて、大変なことになる。今日中にいくらか払うことはできないか。」等と言われ、Aさんは、10月19日から10月20日までの間、4回に亘り、同男の指示に従い、現金合計454万円を振り込んだ。
(4) Aさんが、現金454万円を振り込んだ後、更に現金振込の要求を受け、知人に相談したところ、詐欺である旨の指摘を受けたことから、当署へ届け出たもの。
※ 当該振込先口座については、当署から金融機関に対して口座凍結依頼を実施済み。

5 特に注意喚起していただきたい事項
○ 一方的に「ウェブサイトの利用料金が未払いになっている。」等と電話をかけ、不安をあおるのは、特殊詐欺の手口です。
  一度連絡すると、様々な口実を付けて金銭を要求してきますので、身に覚えのない請求については、毅然として拒否してください。
○ 不審な電話やメールがあった場合は、一人で悩まず、警察へ相談してください。

【 情報発信元 】
警察本部 刑事部 捜査第二課 電話:076-441-2211  [ お問い合わせフォーム
Adobe Reader< PDFファイルをご覧いただけない場合 >
左記のボタンのリンク先から「Adobe Reader」をダウンロードしてください(無料)。

情報発信元

お問い合わせ

警察本部 刑事部 捜査第二課
電話:076-441-2211