富山県警察ホームページ メニューを飛ばして本文へ


検索


本文

富山県警察ホーム > 警察本部 刑事部 捜査第二課 > 特殊詐欺被害・未遂・前兆事案の報道一覧(平成27年) > 孫をかたる特殊詐欺(たのんちゃ詐欺)被害の発生について(12月11日)

特殊詐欺被害・未遂・前兆事案の報道一覧(平成27年)

最終更新日:2016年1月11日

孫をかたる特殊詐欺(たのんちゃ詐欺)被害の発生について(12月11日)

孫をかたる特殊詐欺(たのんちゃ詐欺)被害の発生について(高岡署)

1 発生日
  12月3日(木)

2 被害者
  高岡市在住のA(70歳代・男性)

3 被害額
  200万円

4 事案の概要
(1) 12月3日午前9時30分頃、Aさん宅に、Aさんの孫をかたる男から電話がかかり、「病院で喉の手術をした。」「検査の時、病院の受付に置いていた鞄がなくなった。」「鞄の中には、大事な仕事の契約書類や通帳、自分の携帯電話が入っていた。」「契約に必要な残高650万円の通帳を無くしたので、警察に口座を止めてもらった。」「自分の携帯電話が無いので、上司のウエスギさんの携帯電話を借りて電話をかけている。」等と話し、ウエスギの携帯電話番号を教えられた。
(2) その後、再び同男から電話がかかり、「650万円は、上司のウエスギさんのお母さんが用意してくれることになった。」「明日には取引を停止した口座の通帳が再発行されるので、ウエスギさんにお金を返すことができる。」「自分に全て責任があるので、上司に迷惑をかけている。」「幾らか用意してほしい。」等と言われたため、Aさんは同男に対して200万円を用意する旨を伝えた。
  そうしたところ、同男は、「ウエスギさんのお母さんが銀行へ行った際、息子や孫のためにお金が必要だと言ったら、銀行の人に止められて、お金を降ろせなかったので、孫に渡すため、ということを言わないでほしい。」「また、連絡する。」等と言い、電話を切った。
(3) Aさんは、最寄りの金融機関で現金を用意して、孫をかたる男に電話をかけ、200万円を用意したと告げたところ、一旦、電話が切れた後、再び同男から電話がかかり、「自分とウエスギさんは、取引先との契約にいかなければならないので、上司のウエスギさんの弟がお金を受け取りに行く。」「高岡駅からタクシーで行くので、自宅近くの寺まで来てほしい。」等と言われたため、Aさんは了承した。
  同日午後2時30分頃、Aさんは、自宅付近の路上で、ウエスギと名乗る男に現金200万円在中の封筒を手渡した。
(4) 翌日12月4日、Aさんが実の孫の家族に確認して、だまされていたことに気付き、当署へ届け出たもの。

5 特に注意喚起していただきたい事項
○ 孫等の親族をかたって電話をかけ、「喉の手術をした。」等と、普段と声が違う理由を伝えてきたり、「携帯電話を無くした。」等と、以前と違う電話番号に電話をかけるよう要求したりするのは、特殊詐欺の手口であり、後日、トラブルが発生したことを装い、現金を要求してきます。
  電話の声だけで見破るのは困難ですので、本人が以前から使用している電話番号にかけ直し、確認するなどして注意してください。
○ 特殊詐欺の被害に遭わないよう、家族で事前に話し合って、電話での呼び掛け方や合言葉、電話でお金の貸し借りの話はしないこと等を約束しておくなど、犯行グループからの電話に備えてください。
○ 不審な電話があった場合は、一人で悩まず、警察へ相談してください。

【 情報発信元 】
警察本部 刑事部 捜査第二課 電話:076-441-2211  [ お問い合わせフォーム
Adobe Reader< PDFファイルをご覧いただけない場合 >
左記のボタンのリンク先から「Adobe Reader」をダウンロードしてください(無料)。

情報発信元

お問い合わせ

警察本部 刑事部 捜査第二課
電話:076-441-2211