富山県警察ホームページ メニューを飛ばして本文へ


検索


本文

富山県警察ホーム > 警察本部 刑事部 捜査第二課 > 特殊詐欺被害・未遂・前兆事案の報道一覧(平成26年) > 【関連ファイル有り】被害回復名目の特殊詐欺(なりすまし詐欺)前兆事案の発生について(1月31日)

特殊詐欺被害・未遂・前兆事案の報道一覧(平成26年)

最終更新日:2015年2月26日

【関連ファイル有り】被害回復名目の特殊詐欺(なりすまし詐欺)前兆事案の発生について(1月31日)

被害回復名目の特殊詐欺(なりすまし詐欺)前兆事案の発生について(富山北署)

1 発生日
平成25年12月上旬から平成26年1月30日までの間
2 通報者
  富山市在住のAさん(80歳代・女性)
3 事案の概要
(1) 平成25年12月上旬、Aさん宅に、株式会社ホシノの社員を名乗る男から電話がかかり、「あなたは、過去にお金をだまし取られていますね。当社は、詐欺の被害に遭われた方を対象に、被害金を取り返す業務を行っています。その手続をしませんか。」等と言われた。
Aさんは、過去に詐欺の被害に遭っていたことがあるため、当該手続を依頼し、住所、氏名、口座番号等を同男に伝えた。
(2) 12月5日、Aさん宅に、株式会社ホシノから、「詐欺・債権回収専門のプロ詐欺110番」等と記載された文書、委任状等が在中する封筒が届いた。
Aさんは、当該委任状に必要事項を記入し、コンビニエンスストアでFAX送信しようとしたが、操作が上手くいかず、送信することができなかった。
(3) 平成26年1月7日、Aさん宅に、株式会社あおばから、「騙されたお金は取り戻せます」等と記載された文書、委任状等が在中する封筒が届いた。
Aさんは、当該封筒を株式会社ホシノから再送されたものと思い込み、当該委任状に必要事項を記入し、コンビニエンスストアでFAX送信しようとしたが、操作が上手くいかず、送信することができなかった。
(4) 1月15日、Aさん宅に、株式会社あおばから、同じ封筒が届き、同社のサカイと名乗る男から電話がかかり、委任状と身分証明書の写しをFAX送信するよう指示されたため、Aさんは、当該委任状に必要事項を記入し、後期高齢者医療被保険者証の写しと共に、コンビニエンスストアで同社宛てにFAX送信した。
数日後、Aさん宅に、金融機関から、インターネットバンキングを利用するための申込書が届いたため、Aさんは、当該申込書に必要事項を記入して返送したが、その後、当該金融機関から、住所表記に誤りがあるため手続ができない旨の通知文書が届いた。
(5) 1月30日、Aさんは、当該通知文書を株式会社あおばへFAX送信しようとコンビニエンスストアへ行ったところ、操作が上手くいかず、その様子を見て不審に思った店員に注意を促され、当署へ通報したもの。
 ※ 株式会社ホシノ(東京都港区新橋)及び株式会社あおば(東京都文京区湯島)は、いずれも商業登記がなされていない。
4 特に注意喚起していただきたい事項
○ 債権回収に関する文書を送り付けた後、「被害金を取り返す。」等と電話をかけるのは、特殊詐欺の手口です。
被害金が振り込まれるかのように誤信させた上で、預貯金口座に関する情報を聞き出し、後日、様々な口実を付けて金銭を要求してきますので、決して応じないでください。
○ 不審な電話や郵便物等があった場合は、一人で悩まず、警察へ相談してください。

「関連ファイルのダウンロード」から、犯行グループから送られてきた文書等をダウンロードできます。

【 情報発信元 】
警察本部 刑事部 捜査第二課 電話:076-441-2211  [ お問い合わせフォーム
Adobe Reader< PDFファイルをご覧いただけない場合 >
左記のボタンのリンク先から「Adobe Reader」をダウンロードしてください(無料)。

情報発信元

お問い合わせ

警察本部 刑事部 捜査第二課
電話:076-441-2211