富山県警察ホームページ メニューを飛ばして本文へ


検索


本文

富山県警察ホーム > 警察本部 刑事部 捜査第二課 > 特殊詐欺被害・未遂・前兆事案の報道一覧(平成26年) > 国税局等をかたる特殊詐欺(なりすまし詐欺)前兆事案の発生について(2月5日)

特殊詐欺被害・未遂・前兆事案の報道一覧(平成26年)

最終更新日:2015年2月26日

国税局等をかたる特殊詐欺(なりすまし詐欺)前兆事案の発生について(2月5日)

国税局等をかたる特殊詐欺(なりすまし詐欺)前兆事案の発生について(黒部署)

1 発生日
1月30日頃から2月4日までの間
2 通報者
  黒部市在住のAさん(80歳代・女性)
3 事案の概要
(1) 1月30日頃、Aさん宅に、国税局の職員を名乗る男から電話がかかり、アンケートとして、Aさんの年代、家族構成等について質問された後、「700万円くらいの預金口座がいくつもあるでしょ。」「借金はありますか。」等と言われたが、Aさんは、預金も借金もないと答えた。
(2) 2月4日午後1時頃、Aさん宅に、消費者センターの職員を名乗る男から電話がかかり、「B社、C社、D社に、あなたの名前が登録されており、登録番号は191993です。こういうものがあると面倒でしょうから、今から削除しておきます。」等と言われた。
  同日午後1時30分頃、再び同男から電話がかかり、「B社とC社は削除できましたが、D社だけ削除できませんでした。D社は、東北の震災復興支援をしており、怪しい会社ではありません。あなたの代わりに登録できる方の名前を教えてください。」等と言われたが、Aさんが、分からないと答えたところ、「それでは、当方で探してみます。名古屋で不動産をしている人がいるので、その人に代わります。」等と言われた。
(3) 同日午後5時頃、Aさん宅に、ヤマガミと名乗る男から電話がかかり、「私は、70歳代で、お金を持っていても仕方がないので、あなたの番号を肩代わりして、東北の小学校に寄付したい。」「あなたの番号を私の名義に変更するには、2月7日まで時間がかかる。」「放射能を除去するサリーという機械が300台売られていたが、残り15台しかない。2月7日までに売り切れてしまうので、私があなたの番号でサリーを10台買う。私が3,000万円を支払うので、今から伝える番号に電話をかけて、私が本当にお金を振り込んだかどうかを確認してほしい。」等と言われ、電話番号を告げられた。
(4) 同日午後6時頃、Aさんが、当該電話番号に電話をかけたところ、応対した男から、「銀行は既に閉まっているので、今は、振込を確認できない。明日、ヤマガミに電話してほしい。」等と言われ、不審に思ったAさんが、本日、当署へ通報したもの。
4 特に注意喚起していただきたい事項
○ 官公庁の職員を名乗って電話をかけ、家族構成や預貯金等に関する情報を聞き出すのは、特殊詐欺の手口です。
  電話で個人情報を質問された場合は、即答せずに、当該職員の所属と氏名を確認し、一度電話を切ってから、改めて当該官公庁の代表電話番号に電話をかけるなどして、だまされないように注意してください。
○ 特殊詐欺の犯行グループは、信頼できる取引であることを装うために、実在する著名な会社をかたったり、復興支援等の公益性の高い事業をかたったりすることがありますので、鵜呑みにせず、慎重に真偽を確認してください。
○ 不審な電話があった場合は、一人で悩まず、警察へ相談してください。

【 情報発信元 】
警察本部 刑事部 捜査第二課 電話:076-441-2211  [ お問い合わせフォーム
Adobe Reader< PDFファイルをご覧いただけない場合 >
左記のボタンのリンク先から「Adobe Reader」をダウンロードしてください(無料)。

情報発信元

お問い合わせ

警察本部 刑事部 捜査第二課
電話:076-441-2211