富山県警察ホームページ メニューを飛ばして本文へ


検索


本文

富山県警察ホーム > 警察本部 刑事部 捜査第二課 > 特殊詐欺被害・未遂・前兆事案の報道一覧(平成26年) > 【関連ファイル有り】株取引名目の特殊詐欺(もうかるちゃ詐欺)被害の発生について(2月5日)

特殊詐欺被害・未遂・前兆事案の報道一覧(平成26年)

最終更新日:2015年2月26日

【関連ファイル有り】株取引名目の特殊詐欺(もうかるちゃ詐欺)被害の発生について(2月5日)

株取引名目の特殊詐欺(もうかるちゃ詐欺)被害の発生について(富山中央署)

1 発生日
  平成25年12月3日から平成26年1月6日までの間

2 被害者
  富山市在住のAさん(60歳代・女性)

3 被害総額
  2,300万円

4 事案の概要
(1) 平成25年12月3日、Aさん宅に、大手証券会社を名乗る男から電話がかかり、「白色の封筒が届いていないか。届いたら、B社のアキヤマへ電話してほしい。」等と依頼され、B社の電話番号を告げられた。
(2) 数日後、Aさん宅に、電興産業株式会社のパンフレット等が在中する白色の封筒が届いたことから、Aさんが、アキヤマに電話をかけたところ、「パンフレットをよく読んでおいてほしい。」等と言われた。
   翌日、アキヤマから電話がかかり、「電興産業は、国営の会社で、太陽光を利用した自然エネルギーのシステムを開発しており、今般、民営化して株式を上場することになった。」「同社は、太陽光を360度吸収して、より多くのエネルギーを開発できるミラーボールを開発し、福島の原発事故によって立入禁止になった地域に設置することになっている。」「ミラーボールを開発した同社の社長は、富山県出身である。49名しか購入できない上場前の同社の株券の案内を富山県在住者に送付したのは、富山県に恩返しをしたいという社長の意向である。」「同社の株券は、1口10万円であるが、当社が1口35万円で買い取る。100口までは、国が補償してくれるものであり、在庫はすぐになくなる。少しでも早く、同社に電話をかけて、在庫を確認してほしい。」等と言われた。
(3) Aさんが、同社に電話をかけて在庫を確認したところ、ツネミチと名乗る男から、「2年ものしか残っていない。100口購入した方がよい。」等と言われ、Aさんは、100口の購入を申し込み、平成25年12月17日午前11時30分頃、Aさん宅を訪れた同社の担当者を名乗る男に現金1,000万円を手渡し、証券10枚を受け取った。
(4) その後、再びアキヤマから電話がかかり、「100口のうち、半分の50口を分けてほしい。100口は補償されるので、追加で50口を購入してはどうか。」等と言われたことから、Aさんは、同社に電話をかけて、50口の追加購入を申し込み、平成25年12月20日午前11時30分頃、Aさん宅を訪れた同社の担当者を名乗る男に現金500万円を手渡し、証券5枚を受け取った。
(5) 平成25年12月23日午後3時頃、Aさん宅に、金融庁を名乗る男から電話がかかり、「上場前の会社の株券を購入したようだが、これは、インサイダー取引になる。」等と言われ、Aさんは、アキヤマに電話をかけて、その旨を伝えたところ、アキヤマから、「問題にならないように、当社から電興産業に連絡しておく。」等と言われた。
  その後、アキヤマから電話がかかり、「問題にならないようにするためには、証券の日付を11月25日に直さなければならない。証券の日付を直すため、追加で80口を購入してほしい。」等と言われた。
  Aさんは、電興産業株式会社に電話をかけて、80口の追加購入を申し込み、平成26年1月6日午前11時30分頃、Aさん宅を訪れた同社の担当者を名乗る男に現金800万円を手渡し、証券8枚を受け取るとともに、これまでに受け取った証券を11月25日付けのものに引き換えてもらった。
(6) 数日後、再びアキヤマから電話がかかり、「電興産業は、2月14日に上場する。2月7日に証券の買取りに伺う。」等と言われたが、B社及び電興産業株式会社と電話がつながらなくなったことから、不審に思ったAさんが、本日、当署へ届け出たもの。
 ※ 電興産業株式会社(東京都港区赤坂)は、商業登記がなされていない。

5 特に注意喚起していただきたい事項
○ 株取引に関するパンフレットを送り付けた後、証券会社等を名乗って、「株を購入すれば、当社が数倍で買い取る。」等と電話をかけるのは、特殊詐欺の手口です。
  絶対に損はさせないという説明ですが、次々と金銭を要求してきますので、毅然として拒否してください。
○ 特殊詐欺の犯行グループは、信頼できる取引であることを装うために、実在する著名な会社をかたったり、福島の原発事故等、時流に乗った話題を持ち掛けたりすることがありますので、鵜呑みにせず、慎重に真偽を確認してください。
○ 不審な電話や郵便物等があった場合は、一人で悩まず、警察へ相談してください。

「関連ファイルのダウンロード」から、犯行グループから送られてきた文書等をダウンロードできます。

【 情報発信元 】
警察本部 刑事部 捜査第二課 電話:076-441-2211  [ お問い合わせフォーム
Adobe Reader< PDFファイルをご覧いただけない場合 >
左記のボタンのリンク先から「Adobe Reader」をダウンロードしてください(無料)。

情報発信元

お問い合わせ

警察本部 刑事部 捜査第二課
電話:076-441-2211