富山県警察ホームページ メニューを飛ばして本文へ


検索


本文

富山県警察ホーム > 警察本部 刑事部 捜査第二課 > 特殊詐欺被害・未遂・前兆事案の報道一覧(平成26年) > 【関連ファイル有り】金融商品等取引名目の特殊詐欺(なりすまし詐欺)前兆事案の発生について(2月28日)

特殊詐欺被害・未遂・前兆事案の報道一覧(平成26年)

最終更新日:2015年2月26日

【関連ファイル有り】金融商品等取引名目の特殊詐欺(なりすまし詐欺)前兆事案の発生について(2月28日)

金融商品等取引名目の特殊詐欺(なりすまし詐欺)前兆事案の発生について(捜査第二課)

1 発生日
  平成25年12月頃から平成26年2月26日までの間

2 通報者
(1) 黒部市在住のAさん(60歳代・女性)
(2) 黒部市在住のBさん(70歳代・女性)及び滑川市在住のCさん(60歳代・女性)
(3) 中新川郡在住のDさん(60歳代・女性)
(4) 富山市在住のEさん(40歳代・女性)及び富山市在住のFさん(80歳代・男性)

3 事案の概要
(1) 平成25年12月頃、Aさん宅に、社会福祉法人ライフサポートを名乗る男から電話がかかり、「お宅に資料を送るから、必要事項を記入して送り返してほしい。」等と言われ、その後、同法人から封筒が届いた。
  平成26年1月頃、再び同法人を名乗る男から電話がかかり、「送った資料を早く返してほしい。」等と言われた。
(2) 2月12日、2月15日及び2月18日、3回にわたって、Bさん宅に、株式会社ルーブル宝石から水色の封筒が届くとともに、男から電話がかかり、「お宅に水色の封筒が届いていないか。封筒の中に入っているパンフレットを高値で買い取りたい。」等と言われた。
   2月下旬、Cさん宅に、同社から水色の封筒が届き、2月25日、ヤブと名乗る男から電話がかかり、「お宅に封筒が届いていないか。」「封筒の中に入っている申込書を譲ってほしい。家まで取りに行く。」等と言われた。
(3) 2月14日、Dさん宅に、ハタケヤマと名乗る男から電話がかかり、「富山県出身のナカムラという者が500通の封筒を送っており、当方でその封筒を回収したい。お礼をするので、封筒が届いたら、開封せずに連絡してほしい。」等と言われ、連絡先の電話番号を告げられた。
   2月19日、Dさん宅に、株式会社カウンティラインから封筒が届いた。
(4) 2月19日頃、Eさん宅に、株式会社ジャパンネットサービスから封筒が届き、2月26日、大手保険会社のナカツと名乗る男から電話がかかり、Dさんの家族が電話に出たところ、「ジャパンネットサービスの封筒が届いていないか。」「封筒を取りに行きたい。」等と言われ、連絡先の電話番号を告げられた。
   2月20日、Fさん宅に、同社から封筒が届き、2月22日、ウエダと名乗る男から電話がかかり、「封筒は届いたか。」「パンフレットに記載されている電話番号が変わった。」等と言われ、連絡先の電話番号を告げられた。

4 備考(犯行グループから送付されたパンフレット等の内容)
○ 社会福祉法人ライフサポート(東京都港区港南)
  特別養護老人ホームの出資権利の取引案内等
○ 株式会社ルーブル宝石(東京都台東区上野)
  ダイヤモンドの取引案内等
○ 株式会社カウンティライン(東京都港区東麻布)
  医療福祉事業への投資を行う同社の匿名組合契約の案内等
○ 株式会社ジャパンネットサービス(東京都新宿区北新宿)
  同社がカザフスタン北カスピ海沖合鉱区の権益を取得した旨の紹介
※ いずれも、法人登記・商業登記がなされていない。

5 特に注意喚起していただきたい事項
 ○ 金融商品等取引に関するパンフレット等を送り付け、「パンフレットを高値で買い取る。」「申込書を譲ってほしい。」等と電話をかけるのは、特殊詐欺の手口です。
   当初は、金銭的負担は伴わないという説明ですが、後日、様々な口実を付けて金銭を要求してきますので、毅然として拒否してください。
 ○ 特殊詐欺の犯行グループは、信頼できる取引であることを装うために、実在する著名な会社をかたることがありますので、注意してください。
 ○ 不審な電話や郵便物等があった場合は、一人で悩まず、警察へ相談してください。

【 情報発信元 】
警察本部 刑事部 捜査第二課 電話:076-441-2211  [ お問い合わせフォーム
Adobe Reader< PDFファイルをご覧いただけない場合 >
左記のボタンのリンク先から「Adobe Reader」をダウンロードしてください(無料)。

情報発信元

お問い合わせ

警察本部 刑事部 捜査第二課
電話:076-441-2211