富山県警察ホームページ メニューを飛ばして本文へ


検索


本文

富山県警察ホーム > 警察本部 刑事部 捜査第二課 > 特殊詐欺被害・未遂・前兆事案の報道一覧(平成26年) > 息子をかたる特殊詐欺(たのんちゃ詐欺)未遂事案の発生について(3月14日)

特殊詐欺被害・未遂・前兆事案の報道一覧(平成26年)

最終更新日:2015年2月26日

息子をかたる特殊詐欺(たのんちゃ詐欺)未遂事案の発生について(3月14日)

息子をかたる特殊詐欺(たのんちゃ詐欺)未遂事案の発生について(富山中央警察署)

1 発生日
  3月12日から3月13日までの間

2 被害者
  富山市在住のAさん(60歳代・女性)
※ 通報者の息子は、富山県立富山中部高等学校卒業生

3 事案の概要
(1) 3月12日午後11時30分頃、Aさん宅に、男から電話がかかり、「僕だけど、熱が38度以上ある。体の調子が悪くて喉が痛い。携帯電話を修理しているから、新しい番号に電話をかけてほしい。」等と言われ、携帯電話の番号を告げられた。
(2) 3月13日午前11時頃、再び同男から電話がかかり、「病院へ行ってきた。医者から、「原因はストレスではないか、何か困りごとがないか」と聞かれた。」等と言われたAさんは、同男を息子であると思い込んで、困りごとの有無について尋ねた。
  同男から、「実は、人妻を妊娠させてしまった。相手の旦那さんが怒っており、200万円を支払わなければならない。お金を貸してほしい。」等と言われ、Aさんは、B金融機関で現金200万円を用意した。
  その後、Aさんが、同男から告げられた携帯電話の番号に電話をかけ、現金200万円を用意した旨を伝えたところ、同男から、「お母さんのC金融機関の口座に200万円を入金してほしい。200万円を入金するためには、窓口で、ATMの限度額を引き上げる手続を行う必要がある。」等と言われた。
  同日午後3時頃、Aさんが、C金融機関の窓口で、ATMの限度額を引き上げる手続を行った後、口座に入金するための現金200万円を数えていたところ、C金融機関を訪れた別の利用客が不審に思ってAさんに声を掛け、C金融機関職員が、Aさんの本当の息子に確認した上で、当署へ通報したため、被害に遭わなかったもの。

4 特に注意喚起していただきたい事項
○ 息子をかたって、「風邪を引いて声がおかしい。」「携帯電話の番号が変わった。」等と電話をかけた後、トラブルが発生したことを装って現金を要求するのは特殊詐欺の手口です。
  電話の声だけで見破るのは困難ですので、本人が以前から使用している電話番号にかけ直して確認するなどして、注意してください。
○ 特殊詐欺の被害に遭わないよう、家族で事前に話し合って、電話での呼び掛け方や合言葉、電話でお金の貸し借りの話はしないこと等を約束しておくなど、犯行グループからの電話に備えてください。
○ 不審な電話があった場合は、一人で悩まず、警察へ相談してください。

【 情報発信元 】
警察本部 刑事部 捜査第二課 電話:076-441-2211  [ お問い合わせフォーム
Adobe Reader< PDFファイルをご覧いただけない場合 >
左記のボタンのリンク先から「Adobe Reader」をダウンロードしてください(無料)。

情報発信元

お問い合わせ

警察本部 刑事部 捜査第二課
電話:076-441-2211