富山県警察ホームページ メニューを飛ばして本文へ


検索


本文

富山県警察ホーム > 警察本部 刑事部 捜査第二課 > 特殊詐欺被害・未遂・前兆事案の報道一覧(平成26年) > ボランティア登録をめぐるトラブル解決名目の特殊詐欺(なりすまし詐欺)未遂事案の発生について(3月17日)

特殊詐欺被害・未遂・前兆事案の報道一覧(平成26年)

最終更新日:2015年2月26日

ボランティア登録をめぐるトラブル解決名目の特殊詐欺(なりすまし詐欺)未遂事案の発生について(3月17日)

ボランティア登録をめぐるトラブル解決名目の特殊詐欺(なりすまし詐欺)未遂事案の発生について(捜査第二課)

1 発生日
  3月7日頃から3月12日までの間

2 被害者
  富山市在住のAさん(70歳代・女性)

3 事案の概要
(1) 3月7日頃、Aさん宅に、国民生活センターのミヤネと名乗る男から電話がかかり、「あなたはボランティアに登録されている。」等と言われ、身に覚えがなかったAさんが、登録を解除する方法について尋ねたところ、「ボランティア登録を解除する場合、代わりの人を登録する必要がある。B団体のオオニシさんがボランティアに登録したいと言っているので、オオニシさんに連絡してほしい。」等と言われ、B団体の電話番号を告げられた。
  Aさんが、B団体に電話をかけたところ、オオニシと名乗る男が応対し、「ボランティアを代わってくれる人を探していた。」等と言われたので、Aさんは、自らのボランティア登録を解除するため、代わりにオオニシに登録してもらうこととした。
(2) 数日後、オオニシから電話がかかり、「東日本大震災の復興支援をしているC団体に、車椅子100台分の代金3,000万円を送りたいが、ボランティア登録の名義がAさんのままで、私に変更されていないため、3,000万円を送ることができない。」等と言われた。
  また、C団体のハラと名乗る男から電話がかかり、「ボランティア登録のAさんの個人情報の番号は、456481である。」等と言われた。
  その後、再びオオニシから電話がかかり、ボランティア登録の個人情報の番号について尋ねられたため、Aさんは、ハラから告げられた番号を伝えた。
(3) 3月11日、ハラから電話がかかり、「オオニシさんから、車椅子の代金3,000万円が振り込まれたが、ボランティア登録の名義がオオニシさんに変更されていないため、口座が凍結された。」「ボランティア登録の個人情報の番号をオオニシさんに教えたのか。」「振込のために名義を貸したということで、あなたとオオニシさんは、逮捕されて、懲役15年になる。」「あなたとオオニシさんを守るため、2人で3,000万円を用意してほしい。」「オオニシさんは1,800万円なら用意できると言っているので、あなたには、1,200万円を負担してもらいたい。」等と言われ、Aさんは、ハラの指示どおり、現金1,200万円を用意した。
(4) 3月12日、再びハラから電話がかかり、「1,200万円のうち、700万円は、レターパックで、300万円と400万円の2つに分けて、C団体の大阪支社へ送ってほしい。残り500万円は、宅配便で大分県の担当者へ送ってほしい。」等と言われ、Aさんは、ハラの指示どおり、現金700万円をレターパックで、現金500万円を宅配便で、それぞれ指定された宛先に送付した。
  その後、ハラから電話がかかり、「私が大阪へ行き、現金を受け取る。1週間から10日間で問題を処理し、Aさん宅に1,200万円を返金しに行く。」等と言われた。
(5) 3月14日、同種被害の未遂事案を認知した高知県警察から情報提供を受け、大分県内における現金送付先の捜査を行っていた大分県警察が、当該現金送付先にAさんからの宅配便が届いたことを確認し、Aさんと連絡を取って、被害を水際で阻止したもの。
※ 当該現金送付先については、寄付の名義貸しをめぐるトラブル解決名目の不審電話がかかってきた個人宅であり、トラブル解決用の現金が自宅に届くので、転送するよう指示されていたもの。

4 特に注意喚起していただきたい事項
○ 「登録を解除するには、代わりの者を登録する必要がある。」「登録された者しか寄付できないので、名義を貸してほしい。」等と電話をかけるのは特殊詐欺の手口です。
  当初は、名義貸しだけで、金銭的負担は伴わないという説明ですが、後日、トラブルになったと誤信させ、処罰されてしまうと不安をあおり、誰にも相談できないように追い込んだ上で、様々な口実を付けて金銭を要求してきますので、毅然として拒否してください。
○ 特殊詐欺の犯行グループは、信頼できる話であることを装うために、実在する公的機関をかたることがありますので、注意してください。
○ レターパックや宅配便では、現金を送れません。
  これらで現金を送るよう指示するのは、特殊詐欺の手口ですので、絶対に送らないでください。
○ 不審な電話があった場合は、一人で悩まず、警察へ相談してください。

【 情報発信元 】
警察本部 刑事部 捜査第二課 電話:076-441-2211  [ お問い合わせフォーム
Adobe Reader< PDFファイルをご覧いただけない場合 >
左記のボタンのリンク先から「Adobe Reader」をダウンロードしてください(無料)。

情報発信元

お問い合わせ

警察本部 刑事部 捜査第二課
電話:076-441-2211