富山県警察ホームページ メニューを飛ばして本文へ


検索


本文

富山県警察ホーム > 警察本部 刑事部 捜査第二課 > 特殊詐欺被害・未遂・前兆事案の報道一覧(平成26年) > ロト6当選番号情報提供名目の特殊詐欺(もうかるちゃ詐欺)被害の発生について(3月27日)

特殊詐欺被害・未遂・前兆事案の報道一覧(平成26年)

最終更新日:2015年2月26日

ロト6当選番号情報提供名目の特殊詐欺(もうかるちゃ詐欺)被害の発生について(3月27日)

ロト6当選番号情報提供名目の特殊詐欺(もうかるちゃ詐欺)被害の発生について(富山北署)

1 発生日
  3月上旬から3月23日までの間

2 被害者
  富山市在住のAさん(70歳代・女性)

3 被害総額
  345万円

4 事案の概要
(1) 3月上旬、Aさんの携帯電話に、B社のムラカミと名乗る男から電話がかかり、「ロト6を知っているか。当社は、宝くじの当選番号を操作して儲けている。1等の当選番号を教えることはできないが、2等の当選番号であれば、事前に教えることができる。」等と言われた。
  数日後の夜、再びムラカミから電話がかかり、ロト6の当選番号と称する数字を告げられ、「明日の新聞で、この番号を確認してほしい。」等と言われた。
  当該電話の翌日、Aさんが、新聞で確認したところ、ムラカミから告げられた数字は、ロト6の2等の当選番号であった。
(2) その後、頻繁にムラカミから電話がかかり、「あなたは、当社の審査に通った。」「2等の当選番号を知るためには、特約金650万円が必要である。」「当選すれば、650万円は返すが、当選金の3割を当社がもらう。」等と言われ、Aさんが、650万円を用意することはできない旨を伝えたところ、「とりあえず用意できるお金を振り込んでほしい。」等と言われた。
  3月13日、Aさんは、取り急ぎ用意した現金100万円を金融機関の窓口で、ムラカミから指定された口座へ振込送金した。
(3) その後も、ムラカミから電話がかかり、Aさんが、これ以上お金を用意できない旨を伝えたところ、「私が305万円を立て替えておくので、もう少し頑張ってほしい。私がお金を立て替えたことは、誰にも言わないでほしい。」等と言われた。
  また、Aさんが、振込送金する際に金融機関職員から理由を尋ねられて困る旨を伝えたところ、ムラカミから、現金をゆうパックで送付するよう指示された。
  そこで、Aさんは、3月18日に現金130万円を、3月23日に現金115万円を、それぞれゆうパックで、ムラカミから指定された東京都内の宛先へ送付した。
(4) 3月26日、Aさんの携帯電話に、ムラカミの上司であるタガミと名乗る男から電話がかかり、「何回に分けてお金を支払ったか、正直に話してほしい。」等と言われた後、ムラカミから電話がかかり、「私がお金を立て替えたことが、上司に見付かった。立て替えた305万円を支払ってほしい。」等と言われた。
  Aさんは、家族から詐欺ではないかと指摘されたことから、当署へ相談に訪れたもの。

5 特に注意喚起していただきたい事項
○ 「ロト6の当選番号を当ててみせるので、明日の新聞を確認してほしい。」「情報料を払えば、ロト6の当選番号を教える。」等と電話をかけるのは、特殊詐欺の手口です。
  ロト6の当選番号は、抽選日の当日にインターネット上で公表されていますし、仮に、当選番号が事前に分かるのであれば、情報料を徴収するより、自ら当選くじを購入した方がもうかるはずですので、このような電話は、全て詐欺だと見破ってください。
○ ゆうパック、レターパック、宅配便等では、現金を送れません。
  これらで現金を送るよう指示するのは、特殊詐欺の手口ですので、絶対に送らないでください。
○ 不審な電話等があった場合は、一人で悩まず、警察へ相談してください。

【 情報発信元 】
警察本部 刑事部 捜査第二課 電話:076-441-2211  [ お問い合わせフォーム
Adobe Reader< PDFファイルをご覧いただけない場合 >
左記のボタンのリンク先から「Adobe Reader」をダウンロードしてください(無料)。

情報発信元

お問い合わせ

警察本部 刑事部 捜査第二課
電話:076-441-2211