富山県警察ホームページ メニューを飛ばして本文へ


検索


本文

富山県警察ホーム > 警察本部 刑事部 捜査第二課 > 特殊詐欺被害・未遂・前兆事案の報道一覧(平成26年) > 【関連ファイル有り】介護施設の投資をめぐる特殊詐欺(なりすまし詐欺)被害の発生について(4月2日)

特殊詐欺被害・未遂・前兆事案の報道一覧(平成26年)

最終更新日:2015年2月26日

【関連ファイル有り】介護施設の投資をめぐる特殊詐欺(なりすまし詐欺)被害の発生について(4月2日)

介護施設の投資をめぐる特殊詐欺(なりすまし詐欺)被害の発生について(上市署)

1 発生日
  3月中旬から3月28日までの間

2 被害者
  中新川郡在住のAさん(80歳代・女性)

3 被害額
  500万円

4 事案の概要
(1) 3月中旬、Aさん宅に、株式会社あすかホームクリエイトから封筒が届き、同社のパンフレットや新株引受権付社債募集に関する書類等が在中していた。 
  その後、大手証券会社のニノマエと名乗る男から電話がかかり、「株式会社あすかホームクリエイトのパンフレットが届いていれば、譲ってほしい。」「矢野という知人が同社に投資したがっているが、パンフレットが届いた者しか投資できないため、あなたの名前を貸してほしい。」「矢野が同社に投資したがっているのは、認知症になった妻を、地元である富山の介護施設に入所させたいからである。」等と言われ、Aさんは名義を貸すことを承諾した。
(2) 後日、ニノマエから、株式会社あすかホームクリエイトに対しては、ニノマエがAさんの親戚であると装うよう依頼され、Aさんは、ニノマエの指示に従って、当該封筒に在中していた申込書に必要事項を記入し、同社へファックス送信した。
  その後、同社のツダと名乗る男から電話がかかり、「現在、矢野は、海外におり、代金を送金できないとのことであるため、代わりに500万円を支払ってほしい。」「宅配事業者が集配に伺うので、箱に500万円を入れ、在中品は書類であると説明して渡してほしい。」等と言われた。
  3月24日頃、Aさんは、ツダの指示どおり、現金500万円を集配に来た宅配事業者に渡し、指定された東京都内の宛先へ送付した。
(3) その後、再びツダから電話がかかり、「申込書に記載された矢野の名前が間違っていたため、入金できなかった。入金されなければ、矢野の妻は介護施設に入所できない。」「あなたは、ニノマエの親戚であると嘘を言っているのではないか。」「ニノマエが支払うことになっている500万円についても、あなたが肩代わりしてほしい。」等と言われた。
  Aさんは、取り急ぎ現金400万円を準備し、ツダにその旨を伝えたところ、ツダから、「400万円でもいいので、ゆうパックで送付してほしい。」等と言われた。
  3月28日、Aさんは、ツダの指示に従って、現金400万円をゆうパックで指定された東京都内の宛先へ送付したが、送付先の住所が正確に記載されていなかったため、配達されなかったもの。
※ 株式会社あすかホームクリエイトは、東京都千代田区大手町1丁目5番1号20Fに所在するものとして商業登記がなされているが、当該所在地に同社は存在せず、金融商品取引業者として登録されていない。

5 特に注意喚起していただきたい事項
○ 社債取引等のパンフレットを送り付け、「パンフレットが届いた者しか投資できないため、名義を貸してほしい。」等と電話をかけるのは、特殊詐欺の手口です。
  当初は、名義貸しだけで、金銭的負担は伴わないという説明ですが、後日、様々な口実を付けて金銭を要求してきますので、毅然として拒否してください。
○ 宅配便、ゆうパック、レターパック等では、現金を送れません。
  これらで現金を送るよう指示するのは、特殊詐欺の手口ですので、絶対に送らないでください。
○ 不審な電話や郵便物等があった場合は、一人で悩まず、警察へ相談してください。

【 情報発信元 】
警察本部 刑事部 捜査第二課 電話:076-441-2211  [ お問い合わせフォーム
Adobe Reader< PDFファイルをご覧いただけない場合 >
左記のボタンのリンク先から「Adobe Reader」をダウンロードしてください(無料)。

情報発信元

お問い合わせ

警察本部 刑事部 捜査第二課
電話:076-441-2211