富山県警察ホームページ メニューを飛ばして本文へ


検索


本文

富山県警察ホーム > 警察本部 刑事部 捜査第二課 > 特殊詐欺被害・未遂・前兆事案の報道一覧(平成26年) > 和解金支払手数料名目の特殊詐欺(もうかるちゃ詐欺)被害の発生について(5月30日)

特殊詐欺被害・未遂・前兆事案の報道一覧(平成26年)

最終更新日:2015年2月26日

和解金支払手数料名目の特殊詐欺(もうかるちゃ詐欺)被害の発生について(5月30日)

和解金支払手数料名目の特殊詐欺(もうかるちゃ詐欺)被害の発生について(黒部署)

1 発生日
  5月上旬から5月23日までの間

2 被害者
  黒部市在住のAさん(60歳代・女性)

3 被害額
  4,000円

4 事案の概要
(1) 5月上旬、Aさん宅に、東京都台東区東上野を所在地とする株式会社新栄総合パートナーズから、同社が、倒産したB社を吸収合併したため、B社の債権者に対して和解金を支払う旨が記載された書類在中の封筒が届いた。
  Aさんが、当該封筒に記載された連絡先に電話をかけたところ、応対した株式会社新栄総合パートナーズの担当者から、「後日、書類を送るので、必要事項を記入して返送してもらえれば、和解金を支払う。」等と言われた。
(2) 5月22日、Aさん宅に、東京都港区芝大門を所在地とする株式会社グローバルテクノロジーから、株式会社新栄総合パートナーズとの和解金支払のためには新株発行登録代金として200万円が必要である旨が記載された書類在中の封筒が、東京都港区芝大門を所在地とする株式会社新栄総合パートナーズ債権株式管理部から、新株発行登録代金として200万円が必要であるところ、特別処置として4,000円を支払えば、後日、和解金437万円が支払われる旨が記載された書類及び担当者の名刺在中の封筒が、それぞれ届いた。
  Aさんが、当該名刺に記載された連絡先に電話をかけたところ、応対した株式会社新栄総合パートナーズ債権株式管理部の柴田と名乗る男から、「和解金として437万円を支払うが、手数料として4,000円が必要である。」等と言われた。
  5月23日、Aさんは、柴田の指示に従って、現金4,000円を普通郵便で、指定された東京都内の宛先へ送付した。
  その後、Aさんが、当該やり取りについて知人に話したところ、詐欺ではないかと指摘されたため、当署へ相談に訪れたもの。
※ 東京都台東区東上野及び港区芝大門を所在地とする株式会社新栄総合パートナーズ並びに港区芝大門を所在地とする株式会社グローバルテクノロジーは、いずれも商業登記がなされていない。

5 特に注意喚起していただきたい事項
○ 倒産した会社の和解金を支払う旨の書類を送り付け、電話をかけさせるのは、特殊詐欺の手口です。
  一度電話をかけると、様々な口実を付けて、次々と金銭を要求してきますので、毅然として拒否してください。
○ 特殊詐欺の犯行グループは、信頼できる話であることを装うために、実在する著名な会社をかたることがありますので、注意してください。
○ 不審な電話や郵便物等があった場合は、一人で悩まず、警察へ相談してください。

【 情報発信元 】
警察本部 刑事部 捜査第二課 電話:076-441-2211  [ お問い合わせフォーム
Adobe Reader< PDFファイルをご覧いただけない場合 >
左記のボタンのリンク先から「Adobe Reader」をダウンロードしてください(無料)。

情報発信元

お問い合わせ

警察本部 刑事部 捜査第二課
電話:076-441-2211