富山県警察ホームページ メニューを飛ばして本文へ


検索


本文

富山県警察ホーム > 警察本部 刑事部 捜査第二課 > 特殊詐欺被害・未遂・前兆事案の報道一覧(平成26年) > 弁護士をかたる特殊詐欺(なりすまし詐欺)被害の発生について(6月23日)

特殊詐欺被害・未遂・前兆事案の報道一覧(平成26年)

最終更新日:2015年2月26日

弁護士をかたる特殊詐欺(なりすまし詐欺)被害の発生について(6月23日)

弁護士をかたる特殊詐欺(なりすまし詐欺)被害の発生について(富山中央署)

1 発生日
  5月上旬から6月9日までの間

2 被害者
  富山市在住のAさん(80歳代・女性)

3 被害額
  80万円

4 事案の概要
(1) 5月上旬から6月上旬までの間、Aさん宅に、株式会社KICから、複数回にわたって、太陽光発電事業に関するパンフレットや無担保転換社債型新株予約権付社債の申込書等在中の封筒が届いたが、Aさんは、興味がなかったことから、その都度、廃棄していた。
(2) 6月9日、Aさん宅に、株式会社KICの顧問弁護士のハシモトと名乗る男から電話がかかり、「株式会社KICの封筒は届いているか。封筒の中身を確認したか。」等と尋ねられた。
  Aさんが、興味がない旨を伝えたところ、ハシモトから、「レターパックで80万円を送ってほしい。」「お金を払わないと、息子さんの仕事を辞めさせる。息子さんの子供も、学校に行けないようにする。」「このことを誰かに話したら、あなたは逮捕される。」等と言われた。
  同日、Aさんは、ハシモトの指示に従って、現金80万円をレターパックで、指定された東京都内の宛先へ送付した。
(3) その後、Aさんは、息子や孫のことが心配になり、当署へ相談に訪れ、詐欺の被害に遭ったことに気付いたもの。
※ 東京都新宿区神楽坂を所在地とする株式会社KICは、商業登記がなされていない。

5 特に注意喚起していただきたい事項
○ レターパックや宅配便では、現金を送れません。
  これらで現金を送るよう指示するのは、特殊詐欺の手口ですので、絶対に送らないでください。
○ 特殊詐欺の犯行グループは、信頼できる話であることを装うために、実在する著名な会社や弁護士等をかたることがありますので、注意してください。
○ 不審な電話や郵便物等があった場合は、一人で悩まず、警察へ相談してください。

【 情報発信元 】
警察本部 刑事部 捜査第二課 電話:076-441-2211  [ お問い合わせフォーム
Adobe Reader< PDFファイルをご覧いただけない場合 >
左記のボタンのリンク先から「Adobe Reader」をダウンロードしてください(無料)。

情報発信元

お問い合わせ

警察本部 刑事部 捜査第二課
電話:076-441-2211