富山県警察ホームページ メニューを飛ばして本文へ


検索


本文

富山県警察ホーム > 警察本部 刑事部 捜査第二課 > 特殊詐欺被害・未遂・前兆事案の報道一覧(平成26年) > 投資をめぐる特殊詐欺(もうかるちゃ詐欺)被害の発生について(7月18日)

特殊詐欺被害・未遂・前兆事案の報道一覧(平成26年)

最終更新日:2015年2月26日

投資をめぐる特殊詐欺(もうかるちゃ詐欺)被害の発生について(7月18日)

投資をめぐる特殊詐欺(もうかるちゃ詐欺)被害の発生について(上市署)

1 発生日
  6月19日から7月1日までの間

2 被害者
  中新川郡在住のAさん(50歳代・男性)

3 被害額
  1,000万円

4 事案の概要
(1) 6月19日、Aさんは、パソコンで投資に関するウェブサイトを検索し、B国際銀行国内法人のサイトに「外貨預金を始めるなら圧倒的高金利のB国際銀行の定期預金」「国営銀行だから安心の元本保証」等と掲載されているのを見付け、当該国内法人に資料を請求した。
  6月23日、Aさん宅に資料が届いたことから、Aさんは、当該国内法人との間で、メールのやり取りを行い、B国際銀行の外貨定期預金を始めることにした。
(2) 7月1日、Aさんは、資料と一緒に送付されていた「定期預金申込書」に、預金額、自己の取引口座、定期預金のコース等を記入し、運転免許証の写しとともにファクス送信した。
  同日、国内法人の西本と名乗る男から電話がかかり、「1,000万円を超えると、更にステップアップキャンペーンの対象となる。1,000万円には20パーセントの金利が適用され、来月は更に2パーセントアップし、22パーセントになる。」等と言われ、Aさんは、西本の指示に従い、インターネットバンキングを利用して、現金1,000万円を指定された口座に振込送金した。
(3) 7月7日、Aさん宅に、「現金お預かり証」と称する書類が郵送されたが、書類の不備に気付いたAさんが、不審に思い、金融庁に確認したところ、B国際銀行国内法人が国内で銀行代理業の認可を受けていないことが分かり、同庁の指示により、当署へ届け出たもの。
※ 当該振込送金先については、当署から金融機関に対して、口座凍結を依頼済み。

5 特に注意喚起していただきたい事項
○ 特殊詐欺の犯行グループは、信頼できる取引であることを装うために、実在する著名な会社をかたることがありますので、注意してください。
○ 不審な電話等があった場合は、一人で悩まず、警察へ相談してください。

【 情報発信元 】
警察本部 刑事部 捜査第二課 電話:076-441-2211  [ お問い合わせフォーム
Adobe Reader< PDFファイルをご覧いただけない場合 >
左記のボタンのリンク先から「Adobe Reader」をダウンロードしてください(無料)。

情報発信元

お問い合わせ

警察本部 刑事部 捜査第二課
電話:076-441-2211