富山県警察ホームページ メニューを飛ばして本文へ


検索


本文

富山県警察ホーム > 警察本部 刑事部 捜査第二課 > 特殊詐欺被害・未遂・前兆事案の報道一覧(平成26年) > 高齢者向けマンションの購入権利をめぐる特殊詐欺(なりすまし詐欺)未遂事案の発生について(9月5日)

特殊詐欺被害・未遂・前兆事案の報道一覧(平成26年)

最終更新日:2015年2月26日

高齢者向けマンションの購入権利をめぐる特殊詐欺(なりすまし詐欺)未遂事案の発生について(9月5日)

高齢者向けマンションの購入権利をめぐる特殊詐欺(なりすまし詐欺)未遂事案の発生について(黒部署)

1 発生日
  9月1日から9月5日までの間

2 通報者
  黒部市在住のA(80歳代・女性)

3 事案の概要
(1) 9月1日午前10時頃、Aさん宅に、B社(大手自動車製造・販売会社)のオダと名乗る男から電話がかかり、「高齢者向けのマンションを建設した。富山県からの推薦があり、Aさんに入所する権利が当たった。入居するための証券を送る。」等と言われた。
  Aさんが、自分には必要ないので、他の人に権利を譲ってあげたい旨を伝えたところ、同男から、「他の人に証券を渡すためには、一度、200万円で証券を買ってほしい。お金は、後で返す。」等と言われたため、Aさんは、200万円の支払いを了承した。
  また、同男から、「このことは、警察や家族には、絶対に言わないでほしい。」「運送業者に荷物を受け取りに来てもらって、発送してほしい。」「お金の送り先は、明日、電話する。」等と言われた。
  9月2日午前10時頃、同男から電話がかかり、東京都内の宛先に宅配便で現金を送付するよう指示された上で、「現金は、宅配便で送れないので、品名は、本と書いてほしい。」等と言われた。
(2) 9月4日午前10時30分頃、同男から電話がかかり、「銀行でお金を下ろす時は、台風や地震で家を直すためのお金だと言ってほしい。」「銀行から帰ってきた頃に、また電話する。」等と言われたことから、Aさんは、金融機関で現金200万円を出金した。
  同日午後0時10分頃、同男から電話がかかり、「段ボール箱を用意して、お金を新聞紙2枚で包み、段ボールの中で動かないようにしてほしい。最後に、段ボールにテープを巻きつけてほしい。」等と言われ、Aさんは、現金を包んだ段ボール箱を用意したが、9月5日、不審に思ったAさんが、知人に相談し、知人から警察へ通報するよう促され、当署へ相談したもの。

4 特に注意喚起していただきたい事項
○ 「マンションの入所権利が当たった。」「お金を後で返すので、権利を一度購入してほしい。」等と電話をかけるのは、特殊詐欺の手口です。
○ 特殊詐欺の犯行グループは、信頼できる話であることを装い、実在する著名な企業の名称をかたることがありますので、だまされないように注意してください。
○ 不審な電話や、郵便物等があった場合は、一人で悩まず、警察へ相談してください。

【 情報発信元 】
警察本部 刑事部 捜査第二課 電話:076-441-2211  [ お問い合わせフォーム
Adobe Reader< PDFファイルをご覧いただけない場合 >
左記のボタンのリンク先から「Adobe Reader」をダウンロードしてください(無料)。

情報発信元

お問い合わせ

警察本部 刑事部 捜査第二課
電話:076-441-2211