富山県警察ホームページ メニューを飛ばして本文へ


検索


本文

富山県警察ホーム > 警察本部 刑事部 捜査第二課 > 特殊詐欺被害・未遂・前兆事案の報道一覧(平成26年) > 放射性物質除染費用の寄付をめぐる特殊詐欺(なりすまし詐欺)被害の発生について(9月5日)

特殊詐欺被害・未遂・前兆事案の報道一覧(平成26年)

最終更新日:2015年2月26日

放射性物質除染費用の寄付をめぐる特殊詐欺(なりすまし詐欺)被害の発生について(9月5日)

放射性物質除染費用の寄付をめぐる特殊詐欺(なりすまし詐欺)被害の発生について(砺波署)

1 発生日
  7月上旬から9月4日までの間

2 被害者
  砺波市在住のA(80歳代・女性)

3 被害総額
  2,800万円

4 事案の概要
(1) 7月上旬、Aさん宅に、B社の社員を名乗る男から電話がかかり、「Aさんは、弊社に会員登録している。Aさんの会員番号は、『555-656』になるので、メモしてほしい。」等と言われ、B社の電話番号を教えられた。
  その後、Aさん宅に、岩手県内に居住するキシダと名乗る男から電話がかかり、「東北地方へ放射性物質除染費用の寄付をしたいが、B社に会員登録をしていないため、寄付ができない。Aさんの会員番号を貸してほしい。」等と言われたため、Aさんは、同男にB社から教えられた会員番号を伝えた。
(2) 後日、Aさん宅に、B社から電話がかかり、「キシダが、あなたの会員番号を使用して、3,740万円を寄付した。あなたの会員番号を他人が使用することは、違反になり、キシダは警察に捕まった。このままだと、Aさんも警察に捕まってしまうかもしれない。」等と言われた。
  Aさんが、キシダから教えられた連絡先に電話したところ、キシダが経営する会社の社員を名乗る者が応対し、「キシダは、弊社の社長で、警察に捕まったことは本当だ。」等と言われた。
(3) 7月15日頃、B社から電話がかかり、「あなたの逮捕を防ぐためには、800万円が必要なので、準備してほしい。」等と言われ、Aさんは、B社の指示に従い、宅配便で荷物の中身をまんじゅうと偽り、東京都内の宛先へ現金800万円を送付した。
(4) 7月下旬、B社から電話がかかり、「あなたの逮捕を防ぐためには、更に1,500万円必要だ。」等と言われ、Aさんは、B社の指示に従い、宅配便で荷物の中身を日用品と偽り、熊本県内の宛先へ現金1,500万円を送付した。
(5) 8月中旬、B社から電話がかかり、「あなたの逮捕を防ぐためには、更に500万円必要だ。500万円を送ってもらえれば、今までに送ってもらったお金と合わせて全額返金する。」等と言われ、Aさんは、B社の指示に従い、宅配便で荷物の中身をおかきと偽り、兵庫県内の宛先へ現金500万円を送付した。
(6) 9月2日、B社から電話がかかり、「明日、現金を返しに行きます。」等と言われたが、9月3日になってもB社から連絡はなく、連絡が取れなくなったことから、当署へ届け出たもの。

4 特に注意喚起していただきたい事項
○ 一方的に、「あなたは、会員登録された。」「あなたの会員番号を貸してほしい。」等と身に覚えのない電話をかけるのは、特殊詐欺の手口です。
  当初は、金銭的負担は伴わないという説明ですが、後日、「違法だ。」「警察に逮捕される。」等と口実を付けて金銭を要求してきますので、毅然として拒否してください。
○ 不審な電話等があった場合は、一人で悩まず、警察へ相談してください。

【 情報発信元 】
警察本部 刑事部 捜査第二課 電話:076-441-2211  [ お問い合わせフォーム
Adobe Reader< PDFファイルをご覧いただけない場合 >
左記のボタンのリンク先から「Adobe Reader」をダウンロードしてください(無料)。

情報発信元

お問い合わせ

警察本部 刑事部 捜査第二課
電話:076-441-2211