富山県警察ホームページ メニューを飛ばして本文へ


検索


本文

富山県警察ホーム > 警察本部 刑事部 捜査第二課 > 特殊詐欺被害・未遂・前兆事案の報道一覧(平成26年) > 名義貸しをめぐる特殊詐欺(なりすまし詐欺)前兆事案の発生について(9月17日)

特殊詐欺被害・未遂・前兆事案の報道一覧(平成26年)

最終更新日:2015年2月26日

名義貸しをめぐる特殊詐欺(なりすまし詐欺)前兆事案の発生について(9月17日)

名義貸しをめぐる特殊詐欺(なりすまし詐欺)前兆事案の発生について(富山北署)

1 発生日
  9月4日から9月10日までの間

2 相談者
  富山市在住のA(60歳代・女性)

3 事案の概要
  9月4日午前9時頃、Aさん宅に、B証券(実在する証券会社)のホンダと名乗る男から電話がかかり、「株を買いたいので、Aさんの名義を貸してほしい。」等と言われ、承諾したところ、連絡先電話番号を教えられた。
  9月8日午前9時頃、ホンダから電話がかかり、「2,000万円の株をAさん名義で買った。」等と言われた。
  9月9日午後2時頃、Cホールディングス(実在する生命保険関係持株会社)のカワグチと名乗る男から電話がかかり、「2,000万円分の株を購入していただいたが、振り込まれた2,000万円を、一旦、戻すので、口座番号を教えてほしい。」等と言われた。
  Aさんが、普段使用していない金融機関の口座番号を伝えたところ、ヤマグチは、「弊社の口座から直接Aさんの口座に送金することはできないので、取引履歴を作るために、2,000万円の20パーセントにあたる400万円を弊社の口座に振り込んでほしい。」「入金されれば、2,000万円を合わせた2,400万円をAさんの口座に戻す。」「明日の午前10時30分までに振り込んでほしい。」「最低でも100万円を用意してほしい。」等と言われたが、振込先の口座番号については、告げられなかった。
  9月10日午前10時30分頃、B証券のホンダから電話がかかり、「Cホールディングスのカワグチさんから、『お金が振り込まれなくて困っている』と連絡を受けた。」「お金を払ってもらわなければ、インサイダー取引になり、私もAさんも大変なことになる。」等と言われたため、不審に思ったAさんが、当署へ相談に訪れたもの。

4 特に注意喚起していただきたい事項
○ 一方的に、「株を買いたいので、名義を貸してほしい。」等と電話をかけるのは、特殊詐欺の手口です。
  当初は、金銭的負担は伴わないという説明ですが、後日、様々な口実を付けて金銭を要求してきますので、毅然として拒否してください。
○ 特殊詐欺の犯行グループは、信頼できる取引であることを装うために、実在する著名な会社をかたることがありますので、注意してください。
○ 不審な電話があった場合は、一人で悩まず、警察へ相談してください。

【 情報発信元 】
警察本部 刑事部 捜査第二課 電話:076-441-2211  [ お問い合わせフォーム
Adobe Reader< PDFファイルをご覧いただけない場合 >
左記のボタンのリンク先から「Adobe Reader」をダウンロードしてください(無料)。

情報発信元

お問い合わせ

警察本部 刑事部 捜査第二課
電話:076-441-2211