富山県警察ホームページ メニューを飛ばして本文へ


検索


本文

富山県警察ホーム > 警察本部 刑事部 捜査第二課 > 特殊詐欺被害・未遂・前兆事案の報道一覧(平成26年) > 名義貸しをめぐる特殊詐欺(なりすまし詐欺)被害の発生について(9月24日)

特殊詐欺被害・未遂・前兆事案の報道一覧(平成26年)

最終更新日:2015年2月26日

名義貸しをめぐる特殊詐欺(なりすまし詐欺)被害の発生について(9月24日)

名義貸しをめぐる特殊詐欺(なりすまし詐欺)被害の発生について(富山中央署)

1 発生日
(1) 8月28日から9月16日までの間
(2) 9月16日から9月17日までの間

2 被害者
  富山市在住のA(70歳代・女性)

3 被害総額
  390万円

4 事案の概要
(1) 8月28日午後1時頃、Aさん宅に、B社(実在する大手コンビニエンスストア等持株会社)のタケダと名乗る男から電話がかかり、「来年の4月、C社(実在する大手菓子製造・販売持株会社)が富山市内に健康ランドを作ることになり、C社の債券を買いたいが、法人関係者は、買うことができない。」「私の個人名で、1,500万円分の債券の購入を申し込んだが、私がB社の者と分かってしまい、購入できなかった。」「東京で出回っている名簿の中から、あなたが債券の購入者として選ばれた。」「債券を購入したいので、あなたの名義を貸してほしい。」等と言われたことから、Aさんは、了承した。
  その後、B社がAさん名義で債券を購入したことを知ったというC社のアオキと名乗る男から電話がかかり、「このままだと、タケダは債券を買うことができない。」「名義を貸したのだから、あなたにも責任がある。」「あなたは、取引の実績がないので、実績を作るために、債券購入代金1,500万円の14パーセントに当たる210万円を送金してほしい。」等と言われた。
  Aさんが、現金を支払いたくない旨を伝えたところ、「名義を貸したことを、あなたの家族にばらす。」等と言われたことから、Aさんは、9月9日、アオキの指示に従って、在中品を「食品」と偽り、宅配便で指示された東京都内の宛先へ現金210万円を送付した。
  Aさんが現金を送付した数日後、再度、アオキから電話がかかり、「210万円では、取引の実績を作れない。もう100万円送金してほしい。」等と言われ、Aさんは、9月16日、アオキの指示に従って、在中品を「書類」と偽り、宅配便で指示された東京都内の宛先へ現金100万円を送付した。
(2) 9月16日午後2時30分頃、Aさん宅に、D証券(実在する証券会社)のヤマダと名乗る男から電話がかかり、「E社(実在する大手酒類・飲料水製造・販売会社)の債券を購入するため、E社に3,000万円振り込んだが、私が法人関係者と分かり、受け入れられなかった。一般の人でなければ、債券を買うことができないので、名義を貸してほしい。」等と言われたことから、Aさんは、了承した。
  その後、E社のゴトウと名乗る男から電話がかかり、「あなたは、今まで取引がないので、実績を作らなければならない。当社のヤマダが3,000万円投資しているので、手付金として、10パーセントに当たる300万円を支払ってほしい。」等と言われた。
  Aさんが、80万円しか用意できない旨を伝えたところ、「300万円のうち、私が220万円を負担するので、残りの80万円を支払ってほしい。」「あなたの長男が埼玉県に住んでいることにして、私があなたの長男の名前を使って、E社に220万円を送る。」等と言われたことから、9月17日、Aさんは、ゴトウの指示に従って、在中品を「雑貨」と偽り、宅配便で千葉県内の宛先へ現金80万円を送付した。
  その後も、ヤマダやゴトウから現金を送るように言われ、Aさんが家族に相談したところ、詐欺ではないかと指摘され、当署へ届け出たもの。

5 特に注意喚起していただきたい事項
○ 犯行グループは、「債券購入のための名義貸し」を被害者に信用させるために、実在する著名な会社の社員を名乗ることがあります。
○ 「名義貸し」を承諾した被害者に対して、トラブル解決名目に現金をだまし取る手口には、「取引実績」や「インサイダー取引」等のフレーズが使用されることが多いので、注意してください。
○ また、犯行グループは、送金記録を残さないために、レターパックや宅配便で現金を送るように指示するので、それらで現金を送付するよう指示するのは、すべて詐欺と見破ってください。
○ 不審な電話があった場合は、一人で悩まず、警察へ相談してください。

【 情報発信元 】
警察本部 刑事部 捜査第二課 電話:076-441-2211  [ お問い合わせフォーム
Adobe Reader< PDFファイルをご覧いただけない場合 >
左記のボタンのリンク先から「Adobe Reader」をダウンロードしてください(無料)。

情報発信元

お問い合わせ

警察本部 刑事部 捜査第二課
電話:076-441-2211