富山県警察ホームページ メニューを飛ばして本文へ


検索


本文

富山県警察ホーム > 警察本部 刑事部 捜査第二課 > 特殊詐欺被害・未遂・前兆事案の報道一覧(平成26年) > ダイヤモンド取引をめぐる特殊詐欺(もうかるちゃ詐欺)被害の発生について(9月26日)

特殊詐欺被害・未遂・前兆事案の報道一覧(平成26年)

最終更新日:2015年2月26日

ダイヤモンド取引をめぐる特殊詐欺(もうかるちゃ詐欺)被害の発生について(9月26日)

ダイヤモンド取引をめぐる特殊詐欺(もうかるちゃ詐欺)被害の発生について(南砺署)

1 発生日
  5月上旬から9月22日までの間

2 被害者
  南砺市在住のA(70歳代・女性)

3 被害総額
  255万9,000円

4 事案の概要
(1) 5月上旬、Aさん宅に、B社のフジキと名乗る男から電話がかかり、「もしC社から封筒が届いたら、捨てずに残しておいてほしい。」等と言われ、数日後、Aさん宅にC社からダイヤモンド購入に関するパンフレット等在中の封筒が届いた。
(2) 5月中旬、再度フジキから電話がかかり、「C社からパンフレットが届いたか。」「当社は、ダイヤモンドを集めている会社であるが、大企業のC社とは、直接取引することができない。」「当社の代わりにダイヤモンドを購入してほしい。」「購入の都度、現金で謝礼をさせてもらう。」等と言われ、Aさんは、了承した。
  Aさんが、当該封筒に記載されていたC社の連絡先に電話をかけたところ、応対したハセベと名乗る男から180万円分のダイヤモンドの購入を勧められ、同男の指示に従って、7月18日に現金180万円をゆうパックで、在中品を「お菓子」と偽り、指定された東京都内の宛先へ送付した。
(3) その後、フジキから電話がかかり、「もう少しダイヤモンドを購入してほしい。」等と依頼されたことから、了承し、再度C社に電話をかけ、ハセベとの話合いで75万9,000円分のダイヤモンドを購入することにし、ハセベの指示に従って、7月24日に現金75万9,000円をゆうパックで、在中品を「お菓子」と偽り、指定された東京都内の宛先へ送付した。
(4) 8月中旬、Aさん宅に、C社からレターパックで、プラスチックケース入りのダイヤモンド様のものが届いた。
(5) 9月22日、C社のアカシと名乗る男から電話がかかり、「B社は、悪いことをしている会社である。あなたが名義を貸してダイヤモンドを購入したことが警察にばれたようだ。」「今回の件を丸く収めるために、当社に現金150万円を支払ってほしい。」等と言われ、不審に思ったAさんは、親族に相談した上で、当署へ届け出たもの。

5 特に注意喚起していただきたい事項
○ ダイヤモンド取引に関するパンフレットを送り付け、「パンフレットが届いた方しか買えないダイヤモンドであるため、パンフレットを譲ってほしい。」等と電話をかけるのは、特殊詐欺の手口です。
絶対に損はさせないという説明ですが、次々と金銭を要求してきますので、毅然として拒否してください。
○ レターパック、宅配便(ゆうパック)等では、現金を送れません。
これらで現金を送るよう指示するのは、特殊詐欺の手口ですので、絶対に送らないでください。
○ 不審な電話や郵便物等があった場合は、一人で悩まず、警察へ相談してください。

【 情報発信元 】
警察本部 刑事部 捜査第二課 電話:076-441-2211  [ お問い合わせフォーム
Adobe Reader< PDFファイルをご覧いただけない場合 >
左記のボタンのリンク先から「Adobe Reader」をダウンロードしてください(無料)。

情報発信元

お問い合わせ

警察本部 刑事部 捜査第二課
電話:076-441-2211