富山県警察ホームページ メニューを飛ばして本文へ


検索


本文

富山県警察ホーム > 警察本部 刑事部 捜査第二課 > 特殊詐欺被害・未遂・前兆事案の報道一覧(平成26年) > ロト6当選番号情報提供名目の特殊詐欺(もうかるちゃ詐欺)被害の発生について(12月19日)

特殊詐欺被害・未遂・前兆事案の報道一覧(平成26年)

最終更新日:2015年2月26日

ロト6当選番号情報提供名目の特殊詐欺(もうかるちゃ詐欺)被害の発生について(12月19日)

ロト6当選番号情報提供名目の特殊詐欺(もうかるちゃ詐欺)被害の発生について(富山中央署)

1 発生日
  2月下旬から4月3日までの間

2 被害者
  富山市在住のA(70歳代・女性)

3 被害総額
  960万円

4 事案の概要
(1) 2月下旬、Aさんの携帯電話に、若い男性から電話がかかり、「あなたは、ロト6に当選した。」「当選番号は、新聞に載っているので、確認してほしい。」等と言われ、ロト6の当選番号を伝えられた。
  Aさんが、新聞を確認したところ、同男から教えられた当選番号が掲載されていた。
同男が、「当選金を送るので、住所と電話番号を教えてほしい。」等と言ったため、Aさんが、自宅の住所と電話番号を同男に伝えたところ、数日後に、現金5万円が郵送されてきた。
(2) その後、再度同男から電話がかかり、「おめでとうございます。」「これからもロト6の当選番号を教える。」「ただし、当選番号を教えるには、情報料がかかる。当選金が大きくなれば、情報料も高くなる。」等と言われた。
  Aさんは、同男から、ロト6の当選番号を教えてもらうことにし、3月17日から3月28日までの期間、3回にわたり、同男の指示に従って、在中品を「本」と偽り、現金合計760万円をゆうパックで東京都内の宛先へ送付した。
  その後、Aさんは、4月3日に、同男が指定する口座に現金200万円を振込送金したが、同男から教えられた当選番号が的中せず、同男と連絡が取れなくなったことから、被害に遭っていることに気付いたが、警察へ届け出ようか迷っていたものの、弁護士から警察へ届け出るよう勧められたため、当署へ届け出たもの。

5 特に注意喚起していただきたい事項
○ 「ロト6の当選番号を教えるので、情報料を支払ってほしい。」等と電話をかけるのは、特殊詐欺の手口です。
  仮に、当選番号が事前に分かるのであれば、情報料を徴収するより、自ら当選くじを購入した方がもうかるはずですので、このような電話は、全て詐欺だと見破ってください。
○ 不審な電話等があった場合は、一人で悩まず、警察へ相談してください。

【 情報発信元 】
警察本部 刑事部 捜査第二課 電話:076-441-2211  [ お問い合わせフォーム
Adobe Reader< PDFファイルをご覧いただけない場合 >
左記のボタンのリンク先から「Adobe Reader」をダウンロードしてください(無料)。

情報発信元

お問い合わせ

警察本部 刑事部 捜査第二課
電話:076-441-2211